世界のびっくりニュース

永遠の鬼教官「ハートマン軍曹」を演じたリー・アーメイが74歳で死去


スタンリー・キューブリック監督の映画「フルメタル・ジャケット」で鬼の如き海兵隊訓練教官、ハートマン軍曹を演じ、現在に至るまで通じる「軍隊のブートキャンプといえばこう」というイメージを樹立した古き良きアメリカ人、リー・アーメイ氏が、2018年4月15日、肺炎で亡くなりました。

リー・アーメイ氏の訃報を伝える公式アカウントからのツイート。

リー・アーメイ氏は1944年カンザス州の生まれ。10代になる頃には不良青年に育ち、2回目の逮捕の後、裁判官に「刑務所に行くか軍隊に入るか」と問われたのをきっかけに17歳で海兵隊に入隊。ベトナム戦争への従軍を含む11年間を過ごし、うち実際に訓練教官を2年間に渡って務めました。

傷病除隊すると復員軍人援護法による奨学金でベトナムからほど近いフィリピンのマニラ大学に在学。演劇を学び俳優としてのキャリアをスタートさせます。

そして多くの低予算映画やTVCMに出演していた1987年、キューブリック監督の「フルメタル・ジャケット」に参加。当初は軍事面のアドバイザーとして参加していたところ、彼の演技指導のあまりのリアルさにキューブリック監督が大抜擢。こちらの伝説の名シーンが生まれることになりました。
Full Metal Jacket Opening Scene – YouTube

字幕付き動画はこちらから。

アーメイ氏はこれによりゴールデングローブ賞の最優秀助演男優賞にノミネートされるなど大出世。そしてそれ以上に「新兵訓練所の鬼教官」キャラクターを確立させ、その後の軍隊モノに大きな影響を与えました。

本人も他のいろいろな作品で「鬼教官」役で出演しています。こちらはバリバリのSFですが「宇宙で聞こえるのは海兵隊員の雄叫びだけだ!!!」と教官節は健在。
Space Above and Beyond – Boot Camp – YouTube

近年は役者業も生かして銃器メーカーのCMに登場したり、アメリカの古き良き男性像を活かしミリタリー系のケーブルテレビ番組に出演するなど活躍を続けていました。ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

[字幕動画]「ハートマン軍曹」リー・アーメイが人生とユーモアを大いに語るインタビュー動画 - DNA

もはや話芸「一番印象に残っている訓練教官の罵倒を教えて」スレッドに集まった罵倒表現いろいろ - DNA

[字幕動画]あの「ハートマン軍曹」による自己啓発本「Gunny’s Rules: How to Get Squared Away Like a Marine」が発売 - DNA

[字幕動画][閲覧注意]「こんな海兵隊はイヤだ」と必ず思える募集ビデオ風動画 - DNA

[字幕動画]カメラマンを地獄のブート・キャンプで鍛え上げるニュージーランドのテレビ局のコマーシャル動画 - DNA

アメリカ軍の訓練教官たちが素敵な表情で怒鳴りまくっている写真29枚 - DNA

ホワイトハウスのドアマンをする海兵隊員の一日の生活を教えてくれる動画 - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part1 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧