科学と技術

フリントロックライフルで胸当て鎧は貫通できるのかどうか実際に撃ってテストしてみたスローモーション動画


発明されるや否や、瞬く間に従来の武器を圧倒していった「銃」ですが、当時の防具に対していったいどれほどの威力があったのでしょうか。昔のフリントロックライフルで貫通できるかどうか試してみている動画です。


動画はこちらから。
AMAZING SLOW MOTION – FLINTLOCK MUSKET vs. CUIRASS – YouTube

大きく凹みはするものの弾丸は貫通することはありませんでした。胸当てが少し体から浮いていることもあり、致命的なダメージにはならなかった可能性もあります。これは「ラッキー」なケースだとは思われますが、銃も最初から完璧な武器ではなかったということになるようです。

そして最近のライフルはこちら。口径12.7mmと、フリントロックと近いながらもほぼあらゆるものを貫けるようになりました。技術って進歩するものですね。
あの「iPhone7」ですら.50口径の対物ライフルを防ぐことはできないことが判明 – DNA

関連記事

中世の鎧を着て全力でドツキ合うポーランドの剣術大会が楽しそう過ぎる - DNA

職人芸が光る世界各国の美しい甲冑の画像いろいろ - DNA

剣、盾、鎧で完全武装した中世の騎士同士が本気で戦ったらこうなる - DNA

中世の騎士の甲冑を完全に再現し本当に戦闘可能だったのかを検証した動画 - DNA

中世から近世にかけてドイツで実際に使用されていた美しい「甲冑の兜」コレクション - DNA

中世の騎士のフルプレートアーマーで素早く動くための修行を再現してみた動画 - DNA

1066年から2014年まで約10世紀分のイギリス軍兵士の戦闘装備をずらっと並べた一覧画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧