ネット・PC

担当が変わってログインできず……銃の携帯許可証申請のための犯罪経歴チェックが1年間実施されていなかったことが判明


アメリカで銃を体に身に着けて携行するには免許が必要なことが一般的。ことがことだけに犯罪歴がチェックされるのですが、フロリダ州において担当が異動したためシステムにログインできず、チェックのうちの一部が1年間実施されていなかったことが明らかになりました。

先日、アメリカ・フロリダ州で発覚したところによると、州で携帯免許証を管轄する部局において担当者の異動があり、その際NICSと呼ばれるFBIのシステムにログインするための情報が引き継がれなかったため、2016年2月から2017年3月に発覚するまで、犯罪歴のチェックが行われなかったとのこと。

乱射事件による需要の高まりもあり、この間に約35万件という史上最多の申請があったそうですが、それらはNICSチェックを経ずに通ってしまったということです。

携帯免許証を得るにはNICSチェックだけでなく、フロリダ州運営のFCICチェック、そして指紋データベースであるNCICチェックと3重のチェックがあり、さらに購入時にも別経路でのチェックが行われるため大事には至らなかったようですが、それでも後の調査で291人の許可が取り消されたとのこと。

銃に関する許認可や情報の登録は、ありとあらゆる側面からがんじがらめにされていて、こうしたチェックも非常に手間がかかったり、逆に形式的なものになったりもしています。銃社会とは一言でいえない、複雑なしがらみがあるようです。

[字幕動画]アメリカ政府の銃器登録データベースの運用実態に迫るドキュメンタリー「Guns Found Here」 – DNA

ソース:Adam Putnam’s office stopped reviewing concealed weapons background checks for a year because it couldn’t log in | Tampa Bay Times

Florida Fails To Conduct Background Checks for Concealed Weapons | Fortune

関連記事

ほんとのところ、アメリカ人は銃規制についてどう考えているのか - DNA

アメリカ政府機関、法律の「抜け穴」によって28年ぶりに「フルオート」銃の生産を認可しかけるパニックが発生 - DNA

アメリカで唯一「銃の所持」が義務付けられた街のショート・ドキュメンタリー「IN GUNS WE TRUST」 - DNA

[字幕動画]CNNによる「銃規制に関する報道」を検証する対談番組 - DNA

[字幕動画]「この銃が子どもを殺したんですけど買いますか?」銃規制団体の「プロパガンダ動画」がすごい - DNA

「新学期はこのライフルを買ってヒーローだ!」アメリカの小売店の宣伝が炎上 - DNA

銃器規制運動をやっている人たちの居場所を知ることができるAndroidアプリ「Gunfree Geo Marker」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧