アートとデザイン

インスタ映えする旅行写真はほぼ同じ構図 人気観光地で撮影されたSNS写真を比較した「Instravel」


「Instravel」は、米・マイアミ在住の映像作家 Oliver KMIA 氏が制作した映像作品。きっかけはローマ旅行中に訪れたトレビの泉で同じポーズで撮影する大勢の観光客、さらにその写真を撮るための長蛇の列で近づくことすらできなかったこと。そのため皮肉たっぷりな仕上がりになっています。

動画はこちらから
Instravel – A Photogenic Mass Tourism Experience on Vimeo

Oliver KMIA 氏は、この旅行中に「多くの人々はその瞬間を本当に楽しんでいなくスマホをいじっており、旅行の最終目的はオンラインで自慢すること、『いいね』をもらうことに感じた」と話します。

しかし「このビデオにはポイントやメッセージはありません。新しい編集技術の探求のために短編映像を作成しただけ」であり「オリジナルであることや他と違うことが必ずしもより優れているということではありません」とも。

1. # EASTJET
参照:世界中の空を旅した気分に浸れる、飛行機の窓から撮影された美麗な写真50枚

2. # FOLLOWMETOO
参照:彼女に手を引かれて世界中を旅する様子をカメラマン視点で撮影した写真プロジェクト「Follow Me」

3. # PISA
参照:ピサの斜塔における記念写真の撮影パターンいろいろ

4. # ROUTE66
参照:アメリカのマザー・ロード「ルート66」を起点シカゴから終点サンタモニカまで3755kmを走破したタイムラプス動画

そもそも人気の観光地やスポットに行くこと自体にオリジナリティは……。昔から世界の有名な観光地でのお決まり写真ポーズは存在しているので、観光地では思いっきり流行りに乗っかったほうがより楽しめそうです。

ちなみこちらはハリウッド映画のポスターのステレオタイプについてまとめたもの。インスタ映えする写真も映画のポスターも最適化されてくるとだいたい数パターンに落ち着くようです。
だいたいパターンは決まっているハリウッド映画のポスターのステレオタイプ14選

ソース:How I Created a Viral Video and What I Learned in the Process | Fstoppers

関連記事

スティーブ・マッカリーの作品から学ぶ、絶対に覚えておきたい「写真の基本構図」9パターン+α - DNA

世界の有名な観光地や遺跡をズームアウトしてみると想像とは違う景色があった - DNA

ドバイ首長国の次期首長ハムダーン皇太子のInstagramが凄い - DNA

女性がInstagramに投稿する写真の撮影に悪戦苦闘する男たち「Boyfriends of Instagram」 - DNA

海外であなたを待ちかまえている驚くべき詐欺の手法40選 - DNA

世界各国で最も人気の観光地をまとめた世界地図 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧