世界のびっくりニュース

世界最長のアメリカ=カナダ国境には物理的な「切れ込み」がある


北緯49度線に沿ったアメリカとカナダの国境は2国間では世界最長の国境線。こんなにも長い境界線ですが、放置されることなくきちんと管理・整備されているためこんなにもファンタジックな眺めが広がっています。


アメリカ・カナダ間には全長約8891kmの世界最長の国境があります。

これだけの国境ともなると、それに沿った風景もバリエーションに富んだものなのですが、特に北西部の森林地帯はユニーク。

Google Mapで地名ラベルを消してよーく見てみてください。

実はこのように、国境を境に10フィート(約3メートル)ずつ、合計20フィート(約6メートル)の幅でずーっと刈ってあるのです。
49 parallel waterton – 49th parallel north – Wikipedia

ひたすら伸びる国境線。大自然の中にこうした人工的な眺めがあるのはとても不思議でいいものですね。
Going up a Mountainside (Waterton Glacier International Pe… | Flickr

このラインは「Slash(切れ込み)」と呼ばれ、カナダ・アメリカ両国の政府から独立した国際国境委員会(IBC)が管理しています。東西で植生が違うので期間はまちまちですが、数年に一度、大規模な刈り込み作業を行って保全されているということです。

趣はちょっと違いますが南側、アメリカ・メキシコ国境もビシっときれいに別れており、実に独特な眺めになっています。
びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 – DNA

ソース:US-Canada Border Slash – United States / Canada – Atlas Obscura

関連記事

世界の国境が接する地点の非常に興味深い画像いろいろ - DNA

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 - DNA

アメリカ・メキシコの国境をネットにして行われるバレーボールゲーム「Wallyball」 - DNA

ほぼ境界がわからないヨーロッパの国境を撮影した写真シリーズ「Borderline, Frontiers of Peace」 - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

複雑怪奇な国境線がすごいオランダとベルギーの超国際都市「バールレ=ナッサウ」と「バールレ=ヘルトフ」 - DNA

アメリカでただ1ヶ所4つの州境が集まる「フォー・コーナーズ」記念碑を見に行く - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧