エンタメ

巨大移動都市が地球を徘徊している数千年後の世界を描く P・ジャクソン監督最新作「モータル・エンジン」の特報映像が公開


ロード・オブ・ザ・リングやホビットなどを手掛けたピーター・ジャクソン監督の最新作「モータル・エンジン」の第一弾特報映像が公開されました。日本での公開予定は2019年となっています。

「モータル・エンジン」は、イギリスのSF作家フィリップ・リーヴ氏の小説「移動都市(Mortal Engines)」を元に製作されたSFファンタジー映画。

一度文明が滅びてから数千年後が過ぎ、移動都市が地球を徘徊し強きが弱きを捕食し全てを奪ってしまう世界が舞台。第一弾の特報映像では巨大移動都市「ロンドン」が小さな移動都市を捕捉し飲み込んでいくまでが描かれています。

Mortal Engines Official Teaser Trailer [HD] – YouTube

1. 荒野を徘徊する移動都市

2. 後方の異変に気づくヘスター・ショウ

3. 望遠鏡で覗いてみると……

4. 何か巨大なモノ

5. すぐそばまで近づいていたのは巨大移動都市「ロンドン」

6. 屋上には巨大庭園まで備える豪華さ

7. 獲物を見つけ執拗に追いかけるロンドン

8. そして逃げる移動都市

9. 捕捉攻撃開始!

10. 打ち込まれるアンカー

11. 圧倒的な力の差に逃げる術もなく、

12. ズルズルと引き込まれていき……

13. ロンドンへ飲み込まていく小さな移動都市

今回の特報映像で描かれているのはここまで。次の展開気になりなるところで終了です。

アメリカでは2018年12月公開予定の「モータル・エンジン」ですが、日本ではざっくりと2019年の予定となっています。

日本語版の特報映像も公開中

また、非常に奥深く難解なSFの世界を1枚にまとめたのがこちらの図。全ては繋がってる……
すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい

関連記事

古今東西いろいろなSFに登場する宇宙船のサイズ比較用超巨大チャート - DNA

やっぱりSFは最高だ、SF映画の強烈なシーンを100個以上つないだリミックス動画「Science Fiction: A Supercut」 - DNA

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

古今東西のSFキャラが1つの世界に勢揃いした圧倒的ディテールのイラスト作品「The Raid」 - DNA

すさまじい密度で荒廃した未来都市を描くディストピアンSFショート「SUNDAYS」 - DNA

古今のSF作品に出てくるかっこいいユーザーインターフェイスの画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧