世界のびっくりニュース

標高1180mの崖に架かる透明床の橋に歩くとヒビ割れる恐怖の仕掛けが設置される 中国・太行山


中国河北省邯鄲市の近郊にそびえる太行山の標高1180mの位置に架けられた透明な床のスカイウォークは、美しい景観とスリルを同時に味わえることから中国で人気の観光地となっています。普通にここを歩くだけでもかなりの恐怖なのですが、最近さらに凄い仕掛けが設置され話題となっています。

Tourist terrified by new glass walkway that cracks under weight – YouTube

1. 場所は中国河北省邯鄲市の近く東・太行山

2. 透明なガラスのスカイウォークは標高1180mの断崖絶壁に架けられています

3. この透明なスカイウォークの長さは266m。高所恐怖症の人にとっては地獄の場所です。

4. ツアーガイドの男性。迫真の演技で観光客を楽しませています。

5. 割れる演出が施されたガラスパネルの上を歩く観光客たち

6. 恐怖演出に使用されているガラスパネルは係の人が毎日チェックしているとのこと。本当に割れてしまったらシャレになりませんね。

観光客は意外と動揺することも無く普通に楽しんでいるようです。確かにこの橋を楽しめる人たちにとっては、だた楽しいだけのアトラクションなのかも……

ちなみにこちらの映像は、太行山の透明な橋と同じ仕組みでエレベーターの床が崩れ落ちていくというイタズラ動画。効果音でリアルさを倍増しているようです。
突然、効果音と共にエレベータの床が崩れ落ちていくイタズラ動画

関連記事

数百年の歴史を持つ「生きた木の橋」など、世界で最も雨の降るインド東北部のジャングルにある村々の特異な光景 - DNA

丸太を満載したトラックが山の中の小さな橋をありえない角度で渡っていく映像 - DNA

あの中国に「1000年落ちていない橋」があった - DNA

肉球が濡れることを極端に嫌がるネコの橋の渡り方動画 - DNA

一晩で跡形もなく消えた1400トンの橋 その一部始終を撮影したタイムラプス映像 - DNA

悠久の歴史を持つ古都イスタンブールのガラタ橋やモスク、バザールの風景 - DNA

数々の挑戦者を阻んできた鉄道橋の戦いの日々を振り返る動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧