世界のびっくりニュース

ガソリンスタンドで注意を無視して喫煙を続けた男 店員に消火器で完全消火される


ガソリンスタンドで最もやってはいけないこと。それは「喫煙」。タバコの表面温度は約300度、中心部温度は約700~900度と非常に高温なため爆発の危険があるため絶対NG。なのですがこちらの動画の男性は店員の注意を聞かずにタバコを吸い続けていたため強制的に消火されてしまっています。

この映像は、ブルガリアの首都ソフィアにあるガソリンスタンドの監視カメラが捉えていたもの。夜中にガソリンを入れにやって来た若者たち。危険性を知ってか知らずかはわかりませんが、くわえタバコのまま車から降り給油しようとしたため店員に注意されるですが……

動画はこちから。
LiveLeak.com – Guy smoking on gas station is asked few times to stop smoking

1. タバコの火を消すように注意されても全く聞く耳を持たない男性

2. そこで爆発の危険があると判断した店員がとった行動は消化器での強制消化

3. タバコでけではなく人も車の中も何もかも真っ白け。隣で給油する男性もびっくりです。

頑なにタバコを吸い続けたこの男性、次の給油からは同じ間違いは繰り返さないはず。多分。

ちなみにこちら女性たちも……もう見てるだけでスリル満点です。
人生最後の1本の可能性が高いタバコを楽しむ女性

関連記事

西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像いろいろ - DNA

自分の車の左右どちらに給油口があるのか一発で知る方法 - DNA

ガソリンスタンドで給油口が逆だった場合のロシア流対処方法 - DNA

何度切り返してもガソリンスタンドで給油口が逆になってしまう女性ドライバー - DNA

ガソリンタンクの中をライターの明かりでチェックして大惨事になる動画 - DNA

3種類の燃料で比較 エンジン燃焼室の4Kスローモーション映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧