世界のびっくりニュース

アメリカのとんでもなく長い貨物列車を超絶スキルでドローン撮影した映像が圧倒的


広大な国土のアメリカでは想像を超える長さの貨物列車が運行されています。そんな貨物列車をアクロバティックにドローン撮影したのがこの「Flight of the Year」。狭い鉄橋をすり抜けたり屋根に着地したりと縦横無尽に飛び回り、更には貨物列車の内部にまで潜入しています。

Flight of the Year // Trains, Bridges, Rapids, Mountains, Sunset, Gapping, Perching, Powerlooping – YouTube

この映像を撮影したのは Paul Nurkkala 氏。改造したドローンを使ってその他にもたくさんのドローン映像をYotubeで公開しています。

美しい川を下流から上流へ遡って撮影したドローン撮影したもの。これまた素晴らしい映像です。
Up The River // Hypetrain Motors – YouTube

また、アメリカ最大級の鉄道会社「ユニオン・パシフィック鉄道」は、ドローン撮影について「従業員や機材を危険に晒さないこと」、「連邦航空局(FAA)のガイドラインに 準拠していること」、「特別な許可がない限り敷地の飛行はできません」と規定しています。鉄道をドローンで撮影する場合は許可などの事前準備が必要となりますので気をつけてください。
UP: Union Pacific Policy for Photography and Video Recording

ちなみにアメリカにはこんな線路もあるようです。恐ろしくギリギリです。
こんなの見たこと無い……長期間放置されぐにゃぐにゃに曲がった線路の上をゆく列車

関連記事

貨物列車に無賃乗車してアメリカ中を旅してまわった写真集「A Period of Juvenile Prosperity」 - DNA

現在も破壊されたままの状態で残る、100年前に中東の砂漠に建設された「ヒジャーズ鉄道」 - DNA

北京からモスクワまでの約7621kmを結ぶモンゴル縦貫鉄道の旅を4分にまとめたショートフィルム「Trans-mongolian」 - DNA

絹から電子機器へ、シルクロードをゆく貨物列車の旅の画像 - DNA

中国発ロンドン行き1万2千キロ・18日間の貨物列車の第1便が発車 - DNA

踏み切り待ちをしていたらものすごい貨物列車がやってきた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧