世界のびっくりニュース

レーザーを使った銃撃戦ゲームを利用した有酸素運動ダイエット「LazRfit」が登場


銃撃戦でトレーニング、となると軍や警察にはいらなければならなかったのはもう昔のこと。先日アメリカ・西海岸に誕生した「LazRfit」なら楽しく走り回りながら銃撃戦をやって、爽やかにダイエットすることができる……かもしれません。

「LazRfit」は銃撃戦をしつつフィールドを走り回ってダイエットしよう!というコンセプトのトレーニング。参加者はこんな近未来的なブラスターからレーザーを発射して戦います。

ブラスターと胸にはそれぞれターゲットセンサーがあり、ここにレーザーがヒットすると得点になります。手にもセンサーがあることで壁から手だけを出して撃つというズルはしにくくなっています。

しかも撃ったあとはしばらく走り回らないと次のレーザーが撃てないので待ち伏せもできません。障害物は飛び乗ることができる高さなので、「LazRfit」のプレイ中の動画はまるでスポーツ系FPSのようなダイナミックなものになります。

「LazRfit」は1ゲーム12分で200キロカロリー超を消費、成績はこんな風にブラスターにヒモ付けたスマホアプリで管理することができます。

お値段はお試しの1ゲーム12分が15ドル(約1600円)から、コーチ付きの50分のクラス2回分で29ドル(約3100円)など色々。走りつつ急ブレーキしたりジャンプしたりの有酸素運動をするのが目的で、銃撃戦はオマケなのですが楽しく運動できそうです。動画はこちらから。
lazRfit – a New Fitness Concept – YouTube

現在のサバイバルゲームやそのご先祖のペイントボールゲームとはまったくイメージが違いますね。
サバイバルゲームのご先祖「ペイントボールゲーム」は資本家とボディビルダーの疑問から生まれた – DNA

ソース:Laser Tag As A Cardio Workout Program | LazRfit | DT Los Angeles

関連記事

サバイバルゲームのご先祖「ペイントボールゲーム」は資本家とボディビルダーの疑問から生まれた - DNA

アーチェリーを使って遊ぶサバイバルゲーム「Archery Tag」 - DNA

台湾で「サバイバルゲーマーに週末だけ軍人になってもらう」法律が提案される - DNA

現実世界とオンラインゲームのいいところを合わせた銃撃戦ゲーム「Tek Recon」 - DNA

ペイントボール砲で装甲車同士の車両戦闘ごっこが楽しめる「Armourgeddon」 - DNA

エアガンでも超リアルな銃声を周囲に響き渡らせることができるデバイスが開発中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧