アートとデザイン

スペインのデザイナーが秘密裏に高架下の天井に製作した可動式オフィスがかっこいい


誰にも知られていない秘密の基地。誰しもが一度は憧れるそんな場所をスペインのデザイナーが都会の真ん中にある高速道路の高架下に製作しています。机やイス、棚から布団まで必要そうなモノは一通り揃っておりとても快適そうです。

この秘密のオフィスを一から手作りで製作したのは、スペイン・バレンシアの家具デザイナー Fernando Abellanas 氏。

子ども時代から小屋はとても重要なコンセプトだったとのことで、この秘密のオフィスは森の中の牧歌的な場所ではなく今の環境から逃避する場所と説明しています。

机や椅子(壁掛け)、棚はコンクリートの壁にボルト止めされています。

1.

外から見るとこんな感じ。何か不思議な物体があるのはわかりますが、まさかオフィスだとは……

2.

タイヤとクランクを設置し、オフィス本体を動かすことができます。

3.

4.

壁の板を開けると途端に開放的なオフィスに

5.

休憩中……

6.

夜はこんな感じに

7.

お仕事中……

8.

この秘密のオフィスがある場所は非公開。もし誰かに見つかったり、盗まれたり、当局に撤去されてしまうその時までの短い期間のプロジェクトとのこと。

グリグリと手動で動いたり、誰に見つからない秘密基地っぽい雰囲気。いいですね。

Refugiarse de la ciudad en la propia ciudad. on Vimeo

また特別なモノを生み出した世界的なクリエイターたちのオフィスはこんな感じだった模様。やはり個性が爆発しています。
作家や画家、音楽家など世界的なクリエイターのオフィスはこんな感じ

ソース:Fernando Abellanas designs a secret studio under a bridge in Spain

関連記事

世界的に有名な10人のIT企業CEOの机はこんな感じ - DNA

思いっきり近未来感漂う、イタリア・ローマにあるIBMオフィスの写真14枚 - DNA

こんなところで働けたらなと思わせる素敵なオフィスの写真25選 - DNA

Googleっぽさ全開、世界10ヶ所の独創的なGoogleオフィス内部の写真155枚 - DNA

アメリカのごく普通のオフィスワーカーのランチが驚くほどシンプル - DNA

まるで映画のよう、オフィスで2か月間も「ステルス生活」を続け大成功を収めたある起業家の物語 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧