世界のびっくりニュース

森の空に現れる神秘的な裂け目 お互いに接触を避けた枝葉が作り出す不思議な現象「クラウン・シャイネス」


森の中で空を見上げると巨木の枝葉がお互いに触れること無く、パズルをはめ込んだかのようなこの不思議な現象は「クラウン・シャイネス(Crown shyness)」と呼ばれているもの。空にヒビでも入ってしまったかと錯覚してしまいそうな印象的な景色です。

空を覆う樹木の枝葉がお互いに少しの隙間を開けて接触しない現象「クラウン・シャイネス(Crown shyness)」は、1920年代から議論されてはいるものの現在のところ確かな理由はまだ解明されていません。

しかし風によってお互いの枝葉が擦れたり衝突したりすることで誘発される、また隣接する樹木が互いに光を感知し陰になることを回避しているなど幾つかの仮説が議論されています。

1.

2.

「クラウン・シャイネス(Crown shyness)」は、直訳すると「内気な樹冠」となかなか味わい深い名称。その他にはキャノピー・ディスエンゲージメント(canopy disengagement)、キャノピー・シャイネス(canopy shyness)、インタークラウン・スペーシング(intercrown spacing)などとも呼ばれています。

3.

4.

熱帯に自生するフタバガキ科、北米大陸西部に分布するコントルタマツ、一部のユーカリなど数種類の木が「クラウン・シャイネス」を作り出することが確認されており、違う種の樹木間でも発生することも報告されています。

5.

6.

マレーシアのジャングルでリュウノウジュ(竜脳樹)が作る「クラウン・シャイネス(Crown shyness)」の映像です。
Dryobalanops aromatica (Camphor Tree) Crown Shyness @ FRIM, Malaysia – YouTube

またこちらの樹木も凄い神秘的な生命力を感じさせるものばかり。植物の生態は本当に不思議なことばかりです。
溢れる出る生命力が心揺さぶる 信じ難い逆境から立派に成長した凄い木々

ソース:The Phenomenon Of “Crown Shyness” Where Trees Avoid Touching | Colossal

関連記事

木製の床や家具のへこみを簡単に元通りにする方法 - DNA

秘境に住む唯一無二の伝統文化に生きる少数民族の姿を記憶する写真シリーズ「Before They Pass Away」 - DNA

究極の自由を求めロシア・ウクライナの森の中に1人で住む人たちの写真シリーズ「Escape」 - DNA

並木に道が包み込まれた世界の非常に美しいツリートンネル20選 - DNA

太古の昔より僻地にひっそりとそびえ立つ巨大な古代樹木のモノクロ写真シリーズ - DNA

宇宙と融合した神秘的な古代樹が凄い、アフリカの大自然に古代から生きる巨大樹木の写真シリーズ「Diamond Nights」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧