世界のびっくりニュース

地球最大の動物シロナガスクジラ、巨大空間をまるごと飲み込む豪快な捕食の瞬間


体長30m、体重200トンにも成長するシロナガスクジラは恐竜等の絶滅種も含め地球史上最大の動物。そのとんでもなく巨大の体をどのように制御して食事をしているのがよく分かる捕食の瞬間を真上からドローン撮影した貴重な映像です。

動画はこちらから。
Rare images of blue whale feeding behavior – YouTube

この映像は、米・オレゴン州立大学の研究チームがニュージーランド沖の南極海でドローンを使い撮影したもの。

1. 時速を10.78km/hまで加速してオキアミ(エビのような小型の甲殻類)の群れに近づくシロナガスクジラ

2. 10mにも及ぶという超巨大な口を大きく開き空間ごと丸呑み

3. 捕食後には巨大な口がブレーキとなり時速は1.17km/hにまで減速しています

オレゴン大学の Leigh Torres 博士によると「ブレーキやアクセルを使う車の運転に似ている。クジラがオキアミの群れを捕食するためにはブレーキについて常に気を使う必要がある」と説明します。

また小規模なオキアミの群れの場合はスルーしています。シロナガスクジラの巨大なボディ制御は、急加速も急停止が難しいだけではなく多大なエネルギーも必要。コントロールするだけでも非常に大変なようです。

またこちらの映像はなぜシャチが殺し屋クジラと呼ばれているのかがよく分かるシャチの捕食映像です。サメ食べてるぞ……
捕食した巨大サメを口にくわえ悠々と泳ぐシャチ

ソース:Watch the World’s Biggest Animal Lunge for its Dinner

関連記事

ダイバー危機一髪、飲み込まれそうなくらい近くで魚を捕食する2頭のクジラに直面した動画 - DNA

もうちょっとでクジラに飲み込まれるところだったサーファーの動画 - DNA

夢のワンシーン、カヤックをこいでいたら隣をクジラが泳いでいた、という動画 - DNA

[閲覧注意]アフリカで行なわれている、命知らずな捕鯨の様子 - DNA

アフリカ・ナミブ砂漠の死の雰囲気が漂う恐ろしく危険な海岸「骸骨海岸(スケルトン・コースト)」 - DNA

海水もろとも空間を飲み込むクジラの捕食映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧