科学と技術

中国製電動スーパーカー「NIO EP9」がニュルブルクリンク最速記録を更新、その一部始終を記録したオンボード映像


2017年5月12日、ドイツ・ニュルブルクのサーキット「ニュルブルクリンク・北コース」で中国・上海の自動車会社が製造する電動スーパーカー「NIO EP9」が6分45秒90の記録を叩き出し最速ラップが更新されました。

動画はこちらから。
NIO EP9 Electric Supercar Breaks Nurburgring Lap Record – Full Onboard – 06:45:90 – YouTube

1. どーん!記録更新した最高ラップタイムは「06:45:90」です。

NIO EP9」は、各車輪ごとに335.25馬力のモータが設置され全体では1341馬力、最高速度は313km/h、0−200km/hが7.1秒、ピーク時のパワーは1MW、とまさにモンスター級のマシン。

価格は1.2Mドル(約1億3500万円)。現在、数台のみが生産されており全て完売済み。今後は10台程度の生産予定があるとのこと。

2.

3.

4.

5.

ちなみにこちらはマン島TTレースで四輪車最速記録を更新した「スバル・WRX STI」のオンボード映像です。最速で駆け抜けた全長60.8kmのマウンテンコースが記録されています。
スバル・WRX STI、マン島TT四輪車最速記録を更新したフルラップ・オンボード映像

関連記事

マン島TTレースでスーパーバイクの最速ラップレコードを記録した時の大迫力オンボード映像 - DNA

ニュルブルクリンクサーキットの「Brünnchen」コーナーでクラッシュする人たちをまとめた映像 - DNA

畜産業者歓喜、ニュルブルクリンク最速の牛運びマシーンが登場 - DNA

化け物バイク「Aprilia RSV4 Factory APRC SE」vs日本生まれのスポーツカー「Nissan GT-R」のガチ勝負動画 - DNA

スバル・WRX STIがボブスレーコースを全力で駆け下りる究極のダウンヒル映像 - DNA

どんな自転車も電動バイクor電動アシスト自転車にするポータブルデバイス「Rubbee」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧