アートとデザイン

弦楽器職人が製作したアナログなホラー映画効果音製造機がすごい


「The Apprehension Engine」は、ホラー映画で流れる気味の悪い効果音を生み出す専用マシン。木製の箱にピンと張った弦や金属製の定規、磁石にバネなど様々な仕掛けが取り付けられており、弓や手を使って多種多様なホラー映像用の効果音を作り出すことが出来ます。

この不思議期なマシン「The Apprehension Engine」は、カナダの弦楽器職人 tony duggan-smith 氏が友人の映画音楽作曲家 Mark Korven 氏のために製作したものです。

実際に Korven 氏が演奏している動画はこちらから。Korven 氏は映画「WITCH」等の音楽を手がけています。
The Apprehension Engine on Vimeo

この上なく不気味な音を次々と奏でる楽器……これはホラー映画好きには垂涎もののマニアックな専用機です。

ちなみに、もしホラー映画の中で登場人物たちが随時的確な判断をしていしまうとこうなる模様。物語としては全く成立していませんがとても平和です……
[字幕動画]登場人物がやたら的確な判断をするホラー映画「Hell No」

関連記事

映画「スター・ウォーズ」シリーズの印象的な効果音まとめ動画 - DNA

ホラー映画の古典「シャイニング」の裏舞台を捉えた写真いろいろ - DNA

いくつわかる?有名ホラー映画のミニマリスト・ポスター10枚 - DNA

タランティーノ映画のジューシーな「効果音」だけをひたすら集めた動画「Hearing Tarantino」 - DNA

ホラー映画の伝説的な殺人鬼とメイク前の素顔の俳優たちを比較した写真いろいろ - DNA

122年のホラー映画史を122本のホラー映画で振り返る「A History of Horror」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧