世界のびっくりニュース

キューバの首都ハバナを850馬力のトロフィートラックが異次元レベルで爆走する「Recoil 4 in Cuba」


850馬力のオフロード・レース用トラック「トロフィートラック」が、キューバの首都・ハバナの市街地やジャングルを思っきりぶっ飛ばしている映像がこちらの「Recoil 4 in Cuba」。オフロードドラーバー BJ・ボールドウィン(BJ Baldwin)がトロフィートラックで爆走する「Recoilシリーズ」第4弾として公開されたもの。50年代のクラシックカーが行き交うキューバを最新のモンスターマシンが駆け抜けています。

キューバの首都ハバナの市街地を160km/hで爆走、さらに60mジャンプをキメているのは、北米トヨタが生産するフルサイズ・ピックアップトラック「トヨタ・タンドラ」がベースのトロフィートラック。そして今回もハンドルを握るのは、数々のオフロードレース大会で優勝を重ねてきたBJ・ボールドウィン(BJ Baldwin)氏です。

まるで映画のようなシーンからはじまります。動画はこちらから。
TOYO TIRES | BJ Baldwin’s Recoil 4 in Cuba – YouTube

ストリーは、街のギャングたちと地下で賭けドミノに興じているところにパーティーのお誘いメールが。最短コースを猛ダッシュでパーティー会場までぶっ飛ばし何とか間に合うというもの。

1. 美女をはべらかせ街のギャングたちと賭けドミノに興じるBJ・ボールドウィン氏。

2. 早くパーティーに来いというメールを受け慌てて出発!

3. 階段なんてひとっ飛び

4. 運良く誰もいない住宅街を全速力

5. 坂の頂上では飛んでいます

6. パーティー会場は海岸沿い……まだまだ距離はあります。

7. オフロードではこんな感じに

8. 段差はあってないようなもの

9. 焚き火に激突

10. 60mの大ジャンプに成功!

11. 何とか無事パーティーに間に合うことができたようです

またBJ・ボールドウィン氏は、この映像について「50年代のセダンが行き交っているようなストリートを、約3トンのトロフィー・トラックが猛スピードで駆け抜けるんだ。ほとんど異次元みたいな光景をお見せするよ」と話しています。確かに異次元です……

ちなみ過去の「Recoilシリーズ」はこちら。

●「Recoil 3」
未確認生物「サスカッチ」をハントする「Recoil 3」。2015年11月公開。
Toyo Tires: BJ Baldwin's Recoil 3 – Sasquatch Hunter – YouTube

●「Recoil 2」
メキシコの街中が舞台の「Recoil 2」。2014年9月公開。
Monster Energy: Ballistic BJ Baldwin Recoil 2 – Unleashed in Ensenada, Mexico – YouTube

●「Recoil」
Recoilシリーズ第一弾「Recoil」。最初の舞台はモハベ砂漠でした。2013年4月公開。
Monster Energy: Ballistic B.J. Baldwin – #RECOIL – YouTube

また「Recoil 4」の舞台となっているキューバは1959年以前のクラシック・カー天国として知られる国。街の中は世界中どこにもない独特な雰囲気があります。
「クラシックカー天国」なキューバの公共交通機関や自家用車の写真

ソース:BJ Baldwin – Recoil 4 公開 | Monster Energy

関連記事

スバル・WRX STI、マン島TT四輪車最速記録を更新したフルラップ・オンボード映像 - DNA

凶暴極まりない1965年製「フォード・マスタング」がLA市街地を爆走しまくるケン・ブロックの超ジムカーナ映像 - DNA

沼地、砂地、雪原、氷上、更には水の上までも走破するロシア製ATV「Sherp」 - DNA

革命後のキューバで制作されたプロパガンダ・ポスターいろいろ - DNA

世界から忘れられたように姿を変えない街・ハバナの日常を切り取ったショートムービー「In Havana」 - DNA

ケン・ブロックが愛車マスタングでロンドン観光するとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧