世界のびっくりニュース

クスリの力でノンストップ・アメリカ横断を行ったトラック運転手が逮捕


アメリカ合衆国本土の横断距離は東京~大阪間の約9倍となる約4500km。この距離を休憩なしに走るのは常人には不可能であることは疑いようもないのですが、そんな偉業を違法なクスリの力でやってのけたトラック運転手が逮捕されました。

事件があったのはアメリカ東海岸のマサチューセッツ州ディアフィールドでのこと。ガソリンスタンドの店員が、駐車場をウロウロしていた給油中のトラックドライバーを不審に思い通報、駆けつけた警官がドライバーに質問したところ「非常に戦闘的で麻薬の使用が疑われた」ため逮捕する騒ぎとなりました。

その後の調べでドライバーはLSDや麻薬を使用しており、西海岸のワシントン州シアトルからノンストップで走ってきたことや、その他多くの交通違反が判明。ドライバーは麻薬の使用は認めたものの病院への搬送は拒否し、激しく抵抗したということです。

麻薬の力は凄まじいものがありますが、人間の体をあっという間に蝕んでしまいます。絶対に使わないようにしたいものですね。
麻薬を混ぜた「やみつき料理」を出していた中国のレストラン35店が検挙 – DNA

ソース:A wild ride from Seattle ends in Deerfield arrest

関連記事

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

麻薬の恐怖がよく分かる、上半身半分を麻薬常習者風に特殊メイクした写真集「Half」 - DNA

20日間連続で毎日種類の違う麻薬を使用して描かれたイラストシリーズ「20 Day Binge」 - DNA

薬物依存ダメ絶対!なことをネコとマタタビが教えてくれる啓発動画 - DNA

拾った白い粉を吸った男性、辺りを走り回って死亡 - DNA

麻薬を混ぜた「やみつき料理」を出していた中国のレストラン35店が検挙 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧