世界のびっくりニュース

「ロックンロール」を作った伝説の男、チャック・ベリー死去


50年台半ば、既存のジャンルのリズムパターンや和音を組み合わせたまったく新しい音楽として登場した「ロックンロール」。そのごく初期に活躍し、現在のロックンロールを方向づけた偉大なるミュージシャン、チャック・ベリーが死去しました。

チャック・ベリー、本名をチャールズ・エドワード・アンダーソン・ベリーは1916年10月18日生まれ。高校時代に既に人前で演奏活動を始め、50年代にはロックの音楽面と、そしてロックミュージシャンの姿勢を確立しました。

ジョン・レノンは「ロックンロールに別名を与えるとすれば『チャック・ベリー』だ」と述べましたが、今日のロックミュージシャンは全員がチャック・ベリーの影響を受けているといっても過言ではありません。

特によく知られたのは「ジョニー・B・グッド」。バンドのピアニスト、ジョニー・ジョンソンにインスパイアされた1曲で、田舎の少年が音楽で成り上がっていくという、自身の半生をモチーフにした歌詞となっています。印象的なギターリフとともに「ロックの元祖」として親しまれており、惑星探査機ボイジャーに搭載されて「宇宙に出た唯一のロック」となるなどまさに伝説級の1曲です。

Chuck Berry – Johnny B Goode (1959) – YouTube

2011年には演奏中に倒れるなど健康を害しているニュースが聞かれました。その後も精力的にライブ演奏を行っていましたが、先日、自宅から緊急通報があり救急隊が駆けつけたところ、既に意識のない状態となっており、そのまま亡くなったとのこと。享年90歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

トップ画像:ファイル:Chuck Berry (1958).png – Wikipedia

関連記事

ハードロックバンドのマストアイテム「マーシャル・アンプの壁」に隠された真実 - DNA

不敵な表情でドラムを叩きまくるロックなおばあちゃんの動画 - DNA

やたらシンクロ率の高い口パクでロックンロールをシャウトするネコの動画 - DNA

世界最速のガンファイター、ボブ・マンデン死去 - DNA

ポップス5000曲で最もよく使われているコード進行は「4->1->5->6」だった - DNA

頭でギターを破壊するロックっぷりを母親に見せ付ける謎の息子の動画 - DNA

「あの県会議員の会見」をギターソロで完全再現したロックな動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧