アートとデザイン

すべてのピクサー映画はつながっている……公式制作の「隠れキャラ」の数珠つなぎ動画がすごい


世界で初めてフルCGのアニメーション映画を送り出したピクサー、その作品には、他の作品に登場したキャラクターが「イースターエッグ(裏技・オマケ)」的にひょこっと顔を出すことがあります。ピクサー社自身がその壮大な「数珠つなぎ」を紹介する動画を公開しています。


動画はこちらから。

同じスタジオが作るからこその、作品に対する安心感と安定感。こうした「カメオ出演」は品質保証のようなものなのかもしれません。

それは、ビジュアルだけではなくお話づくりにも現れています。様々な作品を擁するピクサーは、こんな「お話作りのルール」をもっているのです。
3Dアニメの雄、ピクサーのストーリーライターが語る「おはなし作りにおける22のルール」 – DNA

関連記事

3Dアニメの雄、ピクサーのストーリーライターが語る「おはなし作りにおける22のルール」 - DNA

ピクサーの「デスクランプ」風に動いてくれる楽しいロボット「Pinokio Lamp」 - DNA

もしもピクサーが「エクスペンダブルズ2」を制作するとこうなる - DNA

「もし、ピクサーがアメコミのキャラクターを描いたら?」を実現したイラスト20枚 - DNA

「トイ・ストーリー」のウッディが街にパニックをもたらすGTA4のMOD「Sheriff Woody」 - DNA

ピクサー映画を可能な限り単純化したポスター10枚 - DNA

ウォーリーよりもはるかに見つけやすい「ジェイソンを探せ」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧