科学と技術

3Dプリンタを使ってフルスクラッチしたカマロのV8エンジンの模型を動かす動画


模型作りが趣味の人にとって、すべての部品を一から作り出す「スクラッチビルド」は夢のひとつ。3DプリンタとCADの知識があれば、エンジンの模型でも正確な形状の部品が手にはいります。

3Dプリンタでの出力に200時間、使用したフィラメントは2kgというかなり壮大な作品。すべてのデータはThingverseで公開されているので、自分で作ってみることも可能です。

外部モーターで回転する可動モデル。動いている間にクランクが動いている様子を見たりできるのは模型ならではですね。

動画はこちらから。
3D Printed Chevy Camaro V8 LS3 – Full Working Model – YouTube

「アメ車のV8エンジン」と並んで象徴的なのがロータリーエンジン。こちらはなんとペーパークラフトですが、猛烈な回転を見せてくれます。
爆速で回転する紙製ロータリーエンジンがすごい – DNA

関連記事

1946年製「フォード・フラッドヘッド V8」エンジンの完全オーバーホールを記録したタイムラプス映像 - DNA

マセラティ製V8エンジンを搭載した4輪バイク「LAZARETH LM847」は実際に走行することが出来る - DNA

トヨタ86にフェラーリ458の4.5L・V8エンジンを搭載したモンスターマシン「GT4586」が誕生 - DNA

雄たけびはいっちょまえ、スーパーチャージャー付き超小型V8エンジンのテストラン動画 - DNA

6.2LのV8エンジンを詰んだアメ車のドリフトがとにかくかっこいいエンジンオイルのCM動画 - DNA

あらゆるものを瞬時にぶった切るV8エンジン搭載チェーンソーのデモ映像 - DNA

48ccなのにすごくいい音させてるV8模型エンジンのデモ動画 - DNA

爆速で回転する紙製ロータリーエンジンがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧