世界のびっくりニュース

有名な「HOLLYWOOD」看板の文字が「大麻」に書き換えられる事件が発生


映画の街・ロサンゼルスのハリウッドの観光名物「ハリウッドサイン」の文字が、何者かに「HOLLYWEED(ホリー大麻)」と書き換えられるという事件が発生しました。

事件が発覚したのは2017年1月1日早朝。Oの字の右側を黒い布で隠し穴の部分に白い布をかけることで、Oを小文字のeに見せかけています。気づいた観光客による通報で警察が出動、午前11時過ぎに布は撤去されました。

ちなみに1976年にも同じような事件があったそう。また86年には映画の宣伝のために「HOLLYWeeD」に変えられたこともあるそうです。監視カメラの映像には午前3時頃に黒尽くめの男が「作業」している様子が写っており、警察ではこの男の行方を追っています。

スペルが気に食わずに書き換えるくらいならまだそれほど危険でもありませんが、世の中には爆破を考える人もいます。誤字脱字には気をつけていきたいところです。
看板のスペルミスが気に入らなくてビルごと爆破しようとした男が逮捕 – DNA

関連記事

全国のプリンターをハックしてアジビラを刷っていたハッカーが逮捕 - DNA

テレビの緊急放送がハックされ「ゾンビ警報」を発令 - DNA

ネットに接続された「スマート家電」が乗っ取られスパムメールを送信していたことが発覚 - DNA

キヤノンのプリンタをハックして「Doom」を遊べるようにすることに成功 - DNA

看板のスペルミスが気に入らなくてビルごと爆破しようとした男が逮捕 - DNA

英語の罵倒語「ファ〇キング」という名前の村、改名へ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧