世界のびっくりニュース

南極の海底には驚くほど色鮮やかでダイナミックな世界があった


南極海に浮かぶ分厚い氷の下にはどんな世界があるのでしょうか。何もないだた真っ暗な世界……ではなく色鮮やかで多種多様な生物が生息する驚くべき世界が存在しています。

撮影が行われたのは、オーストラリア南極局(Australian Antarctic Division)のケーシー基地(Casey research station)近くにあるオブライエン湾。分厚い氷をドリルで開けた穴からオーストラリア南極局が開発した最新の海中ロボットを送り込み南極海の氷の下の世界を撮影しています。

動画はこちらから。
Rare glimpse into Antarctic underwater world – YouTube

1. 海中から生物らしきものがこっちを見てる……アシカ?

ココナッツ型スポンジやタンポポ型ワームにピンク色の藻類など驚くほど色鮮やかな生物が生息している南極海の海底

2.

3.

4. 海中ロボットを操作中の科学者たち

年間を通して一定温度(−1.5℃)の海水と地上の嵐から守る1.5mの分厚い氷が存在しているため、多様性のある安定した環境が存在しているとのこと。それにしても驚きのカラフルさですね。

地球の真逆にある北極海はというと……南極海に負けず劣らずもの凄い生物に溢れれています。
ロシアの漁師が北極海の海底でさらった強烈なビジュアルの深海魚

ソース:Rare glimpse into Antarctic underwater world — Australian Antarctic Division

関連記事

南極で最も危険な気象状況「Condition 1」時に南極観測基地の扉を開けるとこんな感じ - DNA

北極や南極など極地の信じられないほど美しい氷山や氷河の写真いろいろ - DNA

手付かずの美しい景色が残る氷の世界「南極」をドローン空撮した超美麗映像 - DNA

南極海の氷を割って進む砕氷船から撮影されたタイムラプス映像 - DNA

約100年前に撮影されていたとても貴重な南極のカラー写真 - DNA

荒れ狂う南極海で軍艦が巨大波と激突する瞬間の映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧