世界のびっくりニュース

ケン・ブロックが愛車マスタングでロンドン観光するとこうなる


ドリフトの名手ケン・ブロックが今度の舞台に選んだのはロンドン。高層ビルが立ち並ぶ金融街に有名な教会や橋などの有名な観光地だけでなく、まさかのバッキンガム宮殿まで……もうやりたい放題です。

動画はこちらから
Ken Block Drifts London – EXTENDED Director’s Cut – Top Gear – BBC – YouTube

この映像は、2016年6月12日の英・BBC「トップギア(シーズン23:エピソード3)」で放送されたもののディレクターズカット版。撮影期間は4日。初めの2日でロンドンの観光名所での撮影を行っています。

1. 登場はこんな感じ。コンテナの中には845馬力の1965年製マスタングとケン・ブロック、かなりの危険物です。

2. ロンドンの観光地を案内するのはトップギアの新しい司会者の一人でアメリカの俳優マット・ルブランク氏。さてどうなることやら。

3. まずは信号の無い交差点「ラウンドアバウト」。これはドーナツにもってこいですね。

4. 倉庫街を通り抜けてやってきたのは高層ビルが立ち並ぶ新金融街「カナリー・ワーフ」

6. 次に向かったのは「セント・ポール大聖堂」。結婚式の途中ですがここでドリフトUターン。

7. タワーブリッジ

8. バンクシー・トンネルまたはグラフィティ・トンネルとも言われる「リーク・ストリート」。あれバンクシー……

9. 現在、国会議事堂として使用されている「ウェストミンスター宮殿」。関係無なくぶっ飛ばしています。

10. 白バイの護衛付きで向かうのは「バッキンガム宮殿」。ちなみに宮殿に王室旗が掲げられている時は女王在宅、女王不在の場合はイギリス国旗です。

11. この旗は……ご在宅のようです

12. そこで挨拶代わりに845馬力のエンジンをエンジンを吹かしてみると……

13. ちらっ。まさかね。

14. これでケン・ブロックのロンドン観光は終了。登場と同じようにヘリでロンドンを去っていきます。

助手席で案内をするマット・ルブランク氏がブレーキの赤いボタンが気になるのもわかります。アレは押してみたくなりますよね。

ちなみに元トップギア司会者3人(ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイ)による新番組「グランド・ツアー」はAmazonプライム・ビデオで公開されています。

ちなみに以前には米・ロサンゼルスの市街地でも爆走しまくっています。そして実はこのマシンさらに進化を遂げ現在は1400馬力になっちゃっています。
凶暴極まりない1965年製「フォード・マスタング」がLA市街地を爆走しまくるケン・ブロックの超ジムカーナ映像

ソース:TopGearUK2016.pdf

関連記事

廃墟化した工場地帯を600馬力の最新ラリーカーで爆走するケン・ブロックの超ジムカーナ映像 - DNA

サンフランシスコの街中をドリフトしまくるケン・ブロックの超ジムカーナ動画 - DNA

ハリウッド級のスケールでドバイを縦横無尽に爆走しまくるケン・ブロックの超ジムカーナ映像 - DNA

雪深い冬のロシアで爆走しているケン・ブロックのドリフト動画 - DNA

今度はゲームの世界へ、ケン・ブロックの最新ジムカーナ映像「Gymkhana SIX: The Ultimate Gymkhana Grid Course」 - DNA

約1kmもドリフトしっぱなし、700馬力のマスタングRTRがF1コースを爆走するフォード公式映像「Forever Drift」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧