世界のびっくりニュース

鎖でつながれた犬に背後から忍び寄る巨大シロクマがとった驚きの行動とは


鎖につながれた犬に近寄ってまるで人間のように犬の頭をなでなでしている巨大なシロクマ(ホッキョクグマ)。中に人が入っているかのうようなシロクマの行動だけではなく、全く怖がること無くむしろちょっと面倒くさそうな感じの犬にも驚きです。

鋭い爪に傷つけなように気をつけてゆっくりとなでなでしているシロクマ、かなりのジェントルマンです。動画はこちらから。
Polar bear petting dog – YouTube

この映像は整備士&観光ガイド David de Meulles 氏が、地元のカナダ・マニトバ州北部の小さな村チャーチルで撮影したもの。チャーチルは別名「ホッキョクグマの首都」とも呼ばれるほどシロクマがよく現れる場所として知られています。

またこちらの映像もMeulles 氏が撮影したもの。近くで見ると迫力が違います。

CBCニュースによると、チャーチルで生まれ育った Meulles 氏ですが、今まで一度もこんな場面は見たことがなく「何が起こっているのわからなかったが、よく見るとシロクマがまるで友達かのように犬の頭をなでていた。たまに犬と仲良くなるシロクマがいるということは知ってはいたが、まさかまるで人間のように犬を可愛がるとはね」と話しています。

ちなみにシロクマに頭をナデナデされているのは「カナディアン・エスキモー・ドッグ」という古代からイヌイットに飼育されてきた犬種。犬ぞりを引いたり、猟犬としてシロクマ狩りでも使用されています。シロクマへの耐性はかなり高いのかも。

さらにシロクマのテンションが上がってしまうとこんなことになることも……シロクマ恐るべしです。
北極の王者シロクマが魅せるシロクマ踊りの写真5枚

関連記事

可愛いを超えた可愛さ、生まれて初めて雪で遊んでいるシロクマの赤ちゃんの写真 - DNA

ピンクのお花畑ではしゃぎ回るシロクマが妙にセクシーな画像 - DNA

真っ白な雪の上でゴロゴロしている、眠たくて仕方がないシロクマたちの写真11枚 - DNA

かわいいけど世界で最も恐ろしいシロクマの赤ちゃんの画像 - DNA

音も無くニンジャのように獲物に忍び寄るシロクマの動画 - DNA

強者の余裕か、想像以上にだらだらしているシロクマの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧