世界のびっくりニュース

プロのミュージシャンが教える「長いケーブルが絡まない巻き方」のコツ


長いケーブルの扱いについては誰にも負けないのがプロのミュージシャン。そんな彼らが毎日のように実践している、絡まったりねじれたりして傷つくこと無く長いケーブルを巻く方法がこちら。ちょっとしたことなのですが知ってると日常生活でも応用できそうです。

動画はこちらから。
Roadie Wrap – YouTube

このプロの技を教えてくれたのはミュージシャン&アーティストの Todd Hobin 氏。もちろん音楽用ケーブル以外でも応用可能です。長い電源延長コードやLANケーブルで使って見たい技ですね。

1. 適当な長さのところを右手で掴み、

2. クルッとケーブルをひねって、

3. 左手に渡します。

あとはこのステップを繰り返せはOK。これで絡んでいないケーブルの束が完成です。何度も使用することでよじれて傷んでしまうことも防ぐことが出来ます。

こちらも同じく正しいケーブルの巻き方を解説している動画です。この方法で巻いたケーブルを投げたり、片方を引っ張ったりしても全く絡まないことを実演しています。
How to properly roll audio cables,extension cords,etc (over & under method) no twists or tangles! – YouTube

またイベント会場などで大活躍するアイテムがこちらの「GaffGun」。超高速でケーブル類を床に固定することができちゃう凄いマシンです。
手作業よりも約30倍高速にケーブル類を床にガムテープで固定できるマシン「GaffGun」

関連記事

長いケーブル類を道具を一切使用せずに絡まないようにする簡単な方法 - DNA

使うのはレンチ2本のみ、数秒で頑丈な南京錠を破壊し無効化する方法 - DNA

木製の床や家具のへこみを簡単に元通りにする方法 - DNA

身の回りの物だけで簡単に緊急用のスペアキーを作る方法 - DNA

簡単にフリーハンドで完璧に近い円を描く方法 - DNA

ロシアでいとも簡単に道を譲らせる方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧