世界のびっくりニュース

欧州の老舗高級ランジェリー会社、男性社員に「巨乳であること」を体験させるため「Eカップの日」を制定


1895年ドイツで創業した「PrimaDonna(プリマドンナ)」 は、Jカップサイズまで対応する品揃え豊富な老舗ランジェリー・ブランド。同社のCEOが「ランジェリー会社で働くものとして胸の大きな女性の気持ちを知るべきである」として発案したのが男性社員に「Eカップ」を経験させること。さてどんなことが行われたのでしょうか。

動画はこちらから。
PrimaDonna E CUP DAY for men – YouTube

1. 「胸の豊かな女性が使用するランジェリーを作っているが、我々男性にはその経験が無い。なのでEカップがどんなものなのかを男性が知るにはこの方法しかない」と語るCEOの Ignace Van Doorselaere 氏。すでにEカップ装置を装着済みのCEO。

2. ということで「Internatinal E-Cup Day For Men」を宣言。すると直ぐに広告ポスターなどに出ている女性モデルたちから多くの応援メッセージをもらったとのこと。

3. そしてその当日。男性用ロッカールームに用意されていたのはEカップとほぼおなじ重さの1〜1.5kgのおもりが取り付けられた特性の装置。男性社員はコレをつけて一日働きます。

4. 女性社員たちの反応は……

5.

9.

10.

女性社員たちの反応は微妙な感じですが、Eカップを知るにはこの方法しかないのです。

13. 「男性はEカップの女性を見ることが大好きなのかもしれないが、しかしそれはランジェリー会社の本質ではない。男性は良いところしか見ていないが、Eカップの本当のところ知るべきだ」と会議中の Doorselaere 氏。

14. コピーを取るのも一苦労

7. 早くも肩に赤いアザが……

8.

11. 「首、背中を傷めつけ、肩には赤いアザまでつくることがある。こんなものを一日中持ち歩いてるのだ」

12.

そして最後に「良いブラジャーとは、女性を物理的に心地よくするだけでなくよりアクティブにもする」と締めくくっています。「Eカップの日」の男性社員の姿を見ると確かにその通りということがよくわかりますね。

またこちらのブラジャーは、ホックを外すと自動Tweetするギリシャ生まれのソーシャル・ブラジャー「Tweeting Bra」。変な想像をしてしまうかもしれませんが、非常に重要なつぶやきなのです。
ホックをはずすとツイートするソーシャル・ブラジャー「Tweeting Bra」が登場

関連記事

「寄せて上げる」はここまできた、タイのブラジャーのコマーシャル動画がすごい - DNA

「Oカップ」の女性 自動車にはねられるも胸がクッションになって生還 - DNA

女性のカップ数や男性自身のサイズで世界地図を塗り分けるとこうなる - DNA

ホンモノvs整形おっぱいを「揺れ方」で見分ける方法 - DNA

過去3000年の間に大きく変化してきた「女性の理想の体型」を3分にまとめた映像 - DNA

保守派と革新派にもっと仲良くしましょうよと訴える秀逸なブラジャーの広告ポスターいろいろ - DNA

ブラジャーにボタンを埋めこんだ夢のゲームコントローラー「ITAGAKI INTERFACE」 - DNA

「キミのブラジャーに発信器をとりつけたい」警官を装い少女に近寄った男が逮捕 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧