世界のびっくりニュース

猫を呼ぶときに何て言う? 国によって大きく違うお決まりのフレーズを世界27カ国で比較


猫の気を引くためについつい口から出てしまうお決まりのフレーズを国別でまとめてみるとこんな感じになります。猫の鳴き声を模した感じのモノから破裂音で気を惹く感じのモノまでいろいろとお国柄があるようです。

1. ローマニア:「PIS-PIS-PIS」

2. リトアニア:「KISS-KISS-KISS」

3. オーストラリア:「PUSS-PUSS-PUSS」

4. 日本:「NEKO-CHAN OIDE」

5. 中国:「MIAO-MIAo-MIAO」

6. ポーランド:「KITSCHI-KITSCHI-KITSCHI」

7. オランダ:「POES-POES-POES」

8. ドイツ:「MIEZ-MIEZ-MIEZ」

9. ウクライナ:「KEETS-KEETS-KEETS」

10. ロシア:「KIS-KIS-KIS」

11. アルゼンチン:「MISH-MISH-MISH」

12. チュニジア:「BESH-BESH-BESH」

13. アメリカ:「HERE-KITTY-KITTY-KITTY」

14. イングランド:「CHH-CHH-CHH」

15. トルコ:「PISSY-PISSY-PISSY」

16. ハンガリー:「TSITS-TSITS」

17. インド:「MEOW-MEOW-MEOW」

18. イタリア:「MICHIO-MICHIO-MICHIO」

19. ラトビア:「MINKA-MINKA」

20. フランス:「MINOU-MINOU-MINOU」

21. チョコ:「CHH-CHH-CHH」

22. セルビア:「MATS-MATS-MATS」

23. メキシコ:「BISHITO-BISHITO」

24. イスラエル:「PS-PS-PS」

25. アゼルバイジャン:「PISH-PISH-PISH」

26. ジョージア:「PIS-PIS-PIS」

27. デンマーク:「MIS-MIS-MIS」

日本語の「猫ちゃんおいで」については議論の余地があるところだと思いますが、海外のような擬音よりも猫に語りかける感じなのかもしれませんね。

またこちらは言語によって大きく違う感情などを表現するフレーズをまとめたもの。本当に通じるのか、ちょっと不思議な感じになってしまいます。
言語による感情や音の表現の違いをまとめたかわいいイラスト作品いろいろ

ソース:How People Call Cats In Different Countries | Bored Panda

関連記事

猫が優しい心を持っていることがよく分かる写真いろいろ - DNA

猫の論理・思考を理解することは非常に困難なことがよく分かる写真いろいろ - DNA

今いる場所が動物病院だと気付いてしまった猫たちの写真いろいろ - DNA

まだあまり知られていない独特な姿が魅力的な野生ネコたち - DNA

ネコ科の大型動物に背中を見せたらどうなるのかを実験した動画 - DNA

「猫は液体である」ということを証明しているかのような写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧