科学と技術

強力なバッテリ&モータを搭載した乗って移動出来るスーツケース「Modobag」


「歩くより3倍速い!」と謳うのはバッテリにモータ、車輪、ハンドルなどを搭載した乗って移動出来るスーツケース「Modobag」。長距離移動でくたくたに疲れている時にさらに巨大な空港を歩きまわるなんて考えられない……という人には夢のマシンです。

「Modobag」はシカゴの起業家&旅行家 Kevin O’Donnell 氏が、空港で子どもたちがスーツケースに乗って遊んでいたのを見て「モータを付けれちゃえば?」と思いつき友人と開発した世界初の乗れるスーツケース。現在「Indiegogo」で出資募集中です。

1.

「Modobag」のスペックは、サイズ:22×56×35cm、容量:32L、重量:8.6kg。最高速度は12.8km/h。ライダーの制限体重は約118kg以下が推奨。屋内用と屋外用のスピードセッティングが可能となっています。

バッテリは80%まで充電するのに15分、フル充電には1時間弱。体重81.6kgの人だと約9.6km移動出来るとのこと。またUSBの電源として使用可能となっています。

2.

動画はこちらから。
Modobag: World’s First Motorized, Rideable Luggage! – YouTube

こんな場所でもテスト済みの模様。

4. 波打ち際をぶっ飛ばす「Modobag」

5. 遂に空を飛ぶ「Modobag」

価格は$995(約10万円)〜。出荷予定は2017年1月の予定となっています。

せっかく社会現象ともなっている「ポケモンGO」の登場で歩く機会が増えてきたところなのですが。いや、さらに捗るかも。

またこちらも空港で見かけたちょっと不思議なスーツケース。自走しているスーツケース……よく見るとかわいい運転手がいました。
空港で颯爽とキャリーバッグを運ぶちっちゃなヨークシャー・テリアの動画

ソース:Modobag: World’s First Motorized, Rideable Luggage | Indiegogo

関連記事

カギのかかったスーツケースは誰でも簡単に開ける事が出来る - DNA

空港で預ける手荷物には壊れものを絶対に入れるべきではない、ということがよくわかる動画 - DNA

見たこともない武器がずらり、空港で押収されたヤバいモノをアメリカ運輸保安庁が公開 - DNA

元の姿が分からなくなるまで改造された電動車椅子が時速170kmのギネス記録取得 - DNA

どんな自転車も電動バイクor電動アシスト自転車にするポータブルデバイス「Rubbee」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧