科学と技術

まさに爆発的破壊力 人間を大砲で撃つとどうなるのか実験してみた動画


19世紀はじめ、ナポレオン戦争で広く使われるようになった大砲は、戦場での負傷者数を一気に引き上げ、それまでの歩兵戦闘のやり方を大きく変えるきっかけとなりました。実際のところ、どれほどの威力があったのでしょうか?人体とほぼ同じ硬さ・性質をもつバリスティック・ジェルで出来たマネキンに撃ち込んでいる動画です。

的になったのはバリスティック・ジェルのトルソ-、同素材のブロック10個、そして合板何枚か。いったいどこまで貫通させることができるのでしょうか。

まず穴が空きます。この時内部に衝撃波が伝わっていきます。

衝撃波でトルソーやブロックが波を撃つように膨らんだりしぼんだりを繰り返すところが恐ろしい。

いったいどこまで貫通できたのか、そしてその時弾丸はどうなっているのか。動画はこちらから。
Cannon VS Ballistics Gel – YouTube

なんだかカツラをかぶったマネキンのようですが、こちらは同じくらいのスピードで飛んで行く44マグナムを、人間の頭と同じ構造のターゲットに撃ちこむところを撮影した動画。比較してみるとなかなか面白いです。
[閲覧注意]解剖学的に正確な人間の頭部模型に44マグナムの炸裂弾を撃ちこむとこうなる – DNA

関連記事

刺した相手の肉体を破裂させる「WASPナイフ」の破壊力を試している動画 - DNA

[閲覧注意]解剖学的に正確な人間の頭部模型に44マグナムの炸裂弾を撃ちこむとこうなる - DNA

牛糞に爆竹を仕掛けるとものすごい破壊力があることを実証している動画 - DNA

「人体破壊専用ピストル弾」がアメリカで売り切れる騒ぎに - DNA

[字幕動画]続報「人体破壊専用ピストル弾」実はものすごく大したことないことが判明 - DNA

過激派御用達「火炎瓶」の威力がとてもよく分かるハイスピード撮影動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧