科学と技術

ディープネットワーク技術で自動的にカラー化された「ローマの休日」予告編がすごい


古いモノクロの名作映画のカラー化は人手もコストもかかります。最後に人間のチェックを入れざるを得ないがためですが、それではコンピューターにパターンを発見させる「機械学習」を使うとどうなのでしょうか。早稲田大学石川研究室の飯塚里志さんとシモセラ エドガーさんが研究する「ディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習によ­る白黒写真の自動色付け」技術を使って、自動で彩色された「ローマの休日」予告編はかなりいい線までいっています。

動画はこちらから。既にカラー版は出ているので、そちらと比べてみても面白いと思います。
(自動彩色Automatic Colorization) ローマの休日トレーラー Roman Holiday Trailer (Iizuka,Simo-Serra) – YouTube

モノクロの映像や写真を人間の目で見ながら着色してカラー化する試みは、ごくごく初期から存在していました。人間の目で見ながら着色するものや、モノクロフィルムとカラーフィルムの差を取りだして色を解析する方法など、いろいろな方法があります。

ニューラルネットワークを使う方法では事前に大量の写真を読み込んでおいてモノと色の関係を学習しておきます。そして1コマごとに細かく分解し、学習した形状と似たものは同じ色に塗っていくというのがおおよその仕組み。

古いフィルムで画像が荒れていることを考えれば、かなりいい感じで着色できているのではないでしょうか。
(自動彩色Automatic Colorization) ローマの休日トレーラー Roman Holiday Trailer (Iizuka,Simo-Serra) – YouTube

機械学習による自動彩色には本当にいろいろな方法があって、YouTubeには多くのサンプルが上がっています。こちらはまた「ローマの休日」とは違った方法による着色ですが、人間が彩色したものとだいぶ近くなってきているのがわかります。
魔法使いサリー(Sally the Witch 1966) ディープラーニングによる自動彩色テスト(Colorization) – YouTube

関連記事

1930年ごろに撮影されたロシアの首都モスクワの美しい着色写真 - DNA

豪華客船「タイタニック」のモノクロ写真をカラーに復元した写真集「Titanic in Color」 - DNA

ほんとに食用なのか疑問が湧くほどに極彩色な「レインボー・ベーグル」の作り方動画 - DNA

20世紀初頭に日本の茶摘みの様子を撮影した貴重なカラー写真いろいろ - DNA

「日本最後の侍たち」江戸後期から明治の時代に撮影された武芸者たちの写真いろいろ - DNA

20世紀初頭の大富豪が22年に渡り世界中に写真家を派遣し撮影した壮大なカラー写真プロジェクト「The Archives of the Planet」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧