世界のびっくりニュース

自転車泥棒が駐輪ポールにしかけた驚くべきトラップ


自転車をの盗難事件では、ロックを壊したり自転車を一部素早く分解して持ち去ることが多いようですが、予めワナをしかけておくケースが報告され話題を呼んでいます。

よくある駐輪用のポール。これにロックを巻きつけて駐輪するわけですが、ぱっと見て気づくでしょうか。

ここがカットされてますね。泥棒は予めポールを切ってからテープを巻いて隠しておき、ワナにかかった自転車を盗んでいたという仕組みです。

手口を紹介するロンドンの警察官のツイート。誰でも可能なテクニックですが、恐ろしいことを考えつく人がいるものですね。

トップ画像:Bike voyeur.- | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

ニューヨークの街に鍵をしっかりとかけた自転車を放置して1年間観察した動画 - DNA

「事実上」破壊不可能、チタンの板から作られた究極の自転車用ロック「TiGr Lock」 - DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック - DNA

支柱に絡みつくデザインによって物理的に盗めなくなった自転車「Unstealable Bike」 - DNA

自転車乗りの手を守る防風・防雨カウリング「Dribarz」が出資募集中 - DNA

サドルもペダルもない新感覚過ぎるコンセプト自転車「FLIZ」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧