世界のびっくりニュース

元の姿が分からなくなるまで改造された電動車椅子が時速170kmのギネス記録取得


バイク用のガソリンエンジンに換装された元・電動車椅子が時速170kmというすさまじいスピードを達成し、ギネスブックに登録されることとなりました。

さて、ギネスブックの規定で「最速の○○」を名乗るためには、ワンオフの特注モデルではなく既存の市販車両をベースとして使用しなければなりません。こちらが元となった「Days Strider」。これをバッキバキにチューンするわけですが……

スズキの600ccバイク用エンジンを搭載されたゴーカート用のシャーシ流用フレーム……というかどこに元のパーツがあるのかが怪しい。そもそも電動車椅子なのに電動でなくてもいいのでしょうか……ちなみにフロントブレーキを突っ込むスペースがなかったので公道での走行はできないということです。

この改造によって最高速度はオリジナルの約13倍、時速173.16km/を達成。後輪から煙を上げながら走る姿は以下の動画から。
Fastest Mobility Scooter – Guinness World Records – YouTube

関連記事

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

アメリカの片田舎にある「世界最速の自動販売機」の動画 - DNA

「世界最速のソファ」また更新、前回の記録を20km近く上回る時速163kmを達成 - DNA

やったぞホンダ 世界最速の芝刈り機「Mean Mower」が時速187.60kmのギネス記録を達成 - DNA

世界最速のロケット自転車「KAMIKAZE V」が時速333kmでフェラーリをブチ抜いていく動画 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

畜産業者歓喜、ニュルブルクリンク最速の牛運びマシーンが登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧