エンタメ

DIY武器アクションの元祖「冒険野郎マクガイバー」とうとう映画化か


どんな窮地に陥ろうとも、そこらにあったガラクタをガジェットに作りかえピンチを脱する我らがヒーロー「冒険野郎マクガイバー」が21世紀の映像技術で銀幕に登場するかもしれません。

映画化についてはライオンズゲート社の投資家向け報告会で、CEOのジョン・フォルタイマーが明らかにしたもの。ストーリーやキャストなどはほとんど明らかにされていませんが、オリジナルTVドラマに関わったリー・デイビット・ズロトフと「ニード・フォー・スピード」のニール・モリッツが参加すると発表されました。

「冒険野郎マクガイバー」は、アメリカで1985年9月から1992年5月にかけて放映されたTVドラマ。単なるアクションではなく、諜報員マクガイバーがポケットナイフとダクトテープ、そしてガラクタを使ってガジェットを作り、問題を解決するところは非常にユニークであり、アメリカでは今でも「機械に強い人」の意味で「マクガイバー」が使われています。

現在、既存のエピソードの前日譚になるTVドラマの新エピソードも進行中ということで、これに関連した内容になることは十分に考えられます。現在の技術で描くマクガイバー・アクションが楽しみです。

ソース:‘MacGyver’ Movie Reboot in Works | Variety

関連記事

効率?そんなもん無視だ!!!そこら辺にあるもので作ったDIY作品の写真42枚 - DNA

ある意味究極のDIY、刑務所の囚人たちがこっそり作ったモノいろいろ - DNA

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

だいぶ近くなったけど本物にはまだまだ遠いDIY写真いろいろ - DNA

てっとり早く世の中を進化させるやっつけDIY作品の写真50枚 - DNA

乱用注意「レッドブル」を自作する動画「DIY Red Bull」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧