科学と技術

動力不要でいつでもどこでも座れるウェアラブルな椅子「アルケリス」


ずっと立っているのはそれだけで体力を使うもの。イスをどこでも持って歩きたい……というのは誰しも願ったことがあると思いますが、そんな夢に1歩近づけるかもしれない「身に付けるイス」を日本の企業が開発しました。

「アルケリス」は千葉大学フロンティア医工学センター 川平 洋博士・中村 亮一博士監修のもと株式会社ニットーが開発中のウェアラブルチェア

関節付きギプスのように巻きつけることで、力を抜いても中腰の姿勢を維持できるようになっています。

最近の外科手術では指先の細かい動きが求められるため、立っているよりも座っているほうが精度をあげることができます。しかし同時に素早く移動することも求められるため、手術室にイスを置くというわけにもいきません。アルケリスは立つ・座るを素早く切り替えつつ、イスを持ち歩かなくてもよくなるという面白いガジェッットです。
Wearable Chair”archelis” / ウェアラブルチェア「アルケリス」 – YouTube

関節の動きを固めて中腰の姿勢を取りやすくする強化外骨格はすでに開発されていて、自動車組み立て工場でもこのように使用されています。より負荷の高い姿勢でもばちっと保持できますが、バッテリーが切れると踏ん張りがきかなくなってしまうのでその点はアルケリスに利点がありますね。
バッテリーの続く限り空気椅子可能なウェアラブルチェア「Chairless Chair」 – DNA

関連記事

どんなイスでもネコ足にできる「ねこあしのチェアソックス」 - DNA

ダイハード過ぎるアメリカン・ガールによるイス取りゲームの必勝テクニックの動画 - DNA

600ccのバイク用エンジンで電動でなくなった電動車イスがゼロヨンで日産・スカイランGTSをぶっちぎる映像 - DNA

「デスクワークは死を招く」ことがよーくわかるインフォグラフィクス - DNA

バッテリーの続く限り空気椅子可能なウェアラブルチェア「Chairless Chair」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧