アートとデザイン

スターウォーズ・オリジナル3部作を名作ファミコンゲーム風に再現した5分間の映像


「Star Wars Original Trilogy」は、スターウォーズのオリジナル3部作(ルーク3部作)「エピソード4/新たなる希望(1977年)」、「エピソード5/帝国の逆襲(1980年)」、「エピソード6/ジェダイの帰還(1983年)」をファミコンの名作ゲーム風に再現したアニメーション映像。今話題のスターウォーズと名作ゲームの素敵なコラボレーションにワクワク感が止まりません。

動画はこちらから。
Star Wars Original Trilogy – 8 Bit Cinema – YouTube

1. スターウォーズ・シリーズの第1作目「エピソード4/新たなる希望」。「ゼルダの伝説(1986年)」っぽい作風になっています。

2. 次は「エピソード5/帝国の逆襲」。こちらはアクションゲーム「ロックマン(1987年)」風にまとめられています。

3. 最後は「エピソード6/ジェダイの帰還」。これはカプコンの「ファイナルファイト(1989年)」でしょうか。これだけスーパーファミコンのタイトル。さすがリアルさが違いますね。

4. また時々現れるキャラクターたちの対話画面はこの作風で全て統一されている模様。

オリジナルの3部作が5分でまとめられており、新作を見る前にさらっとおさらいをするには調度良いボリュームかもしれませんね。

また全6作品をしっかりと一気におさらいしたいと人にはこんな映像もあります。ただし全てを理解するにはちょっとした特殊才能が必要となりますが……
映画一本分の時間でスターウォーズ全6作品を一気に完全おさらい出来る夢の動画

関連記事

「スター・ウォーズ」の俳優たちの当時と現在を比較した写真いろいろ - DNA

もしも映画「羊達の沈黙」が8bitゲームだったら……を実現してみた動画 - DNA

不朽の名作「ショーシャンクの空に」を懐かしのファミコン・ゲーム風に再現した6分間の動画 - DNA

映画「マトリックス」がもしも8-bitゲーム機で出たらこうなる - DNA

映画「キック・アス」のあらすじを8bitゲーム風に紹介する動画「Kick Ass – 8 Bit Cinema!」 - DNA

アニメ「千と千尋の神隠し」をドット絵ゲーム風にした動画「Spirited Away – 8 Bit Cinema」 - DNA

8bitゲーム風に映画「シャイニング」をアレンジするとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧