科学と技術

MRIスキャナ室に金属で出来たものを絶対に持ち込んではいけないことがよく分かる実験動画


切り開かなくても体内の様子を調べることができるMRIスキャナは人間ドックなどではすでにもうおなじみですが、必ず「金属製のものを身につけないようにしてください」と注意されます。もし持ち込んでしまうとどうなってしまうのでしょうか。

動画はこちらから。超強力な磁力のせいでレンチやイスがすさまじい力で引っ張られています。
How dangerous are magnetic items near an MRI magnet? – YouTube

MRI(核磁気共鳴画像法)は文字通り、強力な磁場をかけることによって体内の立体画像を得るというもの。現代医療ではもはやなくてはならない装置ですが、その性質上金属製のものを近づけるのは厳禁。

医療の現場にありそうなガスボンベなど非常に重たいものでも吸い寄せてしまいます。釘で棚を打ち付けると、その釘が抜けて飛んでいったりするような事故もあるということなので、金属製のものをMRI室に持ち込まないようにしましょう。
Dangers of MRI – YouTube

関連記事

[閲覧注意]X線写真で見る「すごいこと」になった下半身写真いろいろ - DNA

神秘の構造、いつも食べている身近な野菜や果物をMRIで撮影したらこうなる - DNA

人間が空港の荷物検査機の中を通り抜けるとこんな風に見える - DNA

骸骨が浮遊しているかのような、コウモリが飛行している姿をX線で捉えたスローモーション動画 - DNA

超強力なネオジム磁石の吸着力でいろいろなモノを破壊している動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧