世界のびっくりニュース

空港から戦場に向かうすべての兵士にハグを贈っていた「ハグ・レディ」にハグの恩返しが返ってきた。


以前、アメリカのとある空港から戦場に向かう、あるいは帰ってきた兵士たちにハグを贈っていることで有名な「ハグ・レディ」についてご紹介しましたが、惜しくも健康を崩してしまった彼女に、今度は兵士たちがハグを贈り返すべく、どんどん病院に集まっているそうです。


ハグ・レディことエリザベス・レアードさんは、テキサス州のフォート・フッドの空港で兵士たちにハグを贈り続けています。2003年から続けてきたこの活動によって、彼女は50万回ものハグを贈ったと言われています。
往く兵士・帰る兵士にハグと微笑みを与え続ける「ハグ・レディ」の動画 – DNA

フォート・フッドの第1騎兵師団のシンボルカラーのリボンをつけて、兵士にハグを贈るレアードさんのことは、このあたりの兵士なら知らないものはいない有名人。

しかしながら、2005年に発見されたガンは確実に彼女の健康を蝕んでいました。化学療法を拒否していたレアードさんは、2015年11月3日、とうとう入院することとなってしまいました。

そしてその日から、そのことを聞きつけた兵士たちが病室を代わる代わる訪れ、今度は彼らがレアードさんにハグを贈り続けているのです。

未だ現役の者は感謝を、復員した者は今の生活や仕事、家族のことなどなんでも話しているそう。集まりすぎて病院の外で待つことになる場合もあるとのこと。

時には遠くニューヨークから来る人もいるそう。多くの人達が、いつ彼女に出会ったのかを覚えているそうです。

ジョージ・W・ブッシュ元大統領からの感謝状を持つレアードさん。ネットでは彼女の入院費用の寄付が受け付けられており、すでに9万4千ドル(約1千150万円)が集まっています。

戦地に向かう不安な兵士たちにとって、彼女の励ましは非常に大きなものでした。その大切さは、彼女の元に向かうあふれんばかりの人の数が示しています。

ソース:‘Hug Lady’ gave 500,000 hugs to returning soldiers — now they’re hugging her back – TODAY.com

関連記事

「どこ行ってたの!」10日ぶりに帰ってきた犬をハグして離さない猫の動画 - DNA

テディベアをギュッと抱きしめて離さないカンガルーの孤児の画像 - DNA

「彼女が後ろから抱きついてくる感覚」をたっぷり味わえる「リア充コート」の動画 - DNA

兵士の復員プランをIBMのスーパーコンピューター「ワトソン」がサポートするサービスが登場 - DNA

重傷を負った英軍兵士が女性衛生兵にお願いしたたった一つのこと - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧