アートとデザイン

街を散策しているかのような不思議な感覚に……トルコ・イスタンブールのフローモーション映像「Istanbul | Flow Through the City of Tales」


「Istanbul | Flow Through the City of Tales」は、まるで実際にイスタンブールの街を旅しているかのようなちょっと不思議な感覚に陥ってしまう映像作品。古都イスタンブールの魅力がたっぷりと見せつけられると、ゆっくりと旅したい、そんな衝動にかられてしまいます。

1. カラキョイ地区の小高い丘の上にある高さ67m、9階建ての石造りの「ガラタ塔」。完成は東ローマ帝国時代の1348年。

2. 東ローマ帝国(1110年)、アジアとヨーロッパを分かつボスポラス海峡に浮かぶ小島に建設された「メイデンズ・タワー」。

3. 15世紀オスマン帝国時代に生まれた66の路地と4000もの店がごった返す「グランド・バザール(カパルチャルシュ)」

4. 逆さになったメデューサが有名な東ローマ帝国の大貯水槽「イスタンブール地下宮殿(バシリカ・シスタン)」

5. ボードゲーム「バックギャモン」を楽しむ人々

6. 16世紀に完成したオスマン建築の最高傑作ともいわれる「スレイマニエ・モスク」

7. 夕焼けに染まる金角湾に架かる「ガラタ橋」。

動画はこちらから。
Istanbul | Flow Through the City of Tales – YouTube

その他イスタンブールには、かの有名な「ハレム」が存在していたトプカプ宮殿やキリスト教の大聖堂を改修したアヤソフィアなどまだまだたくさんの見どころが存在しています。特に歴史地区には街中歴史を感じるモノばかり。もうワクワク感が止まりません。

この映像は、イギリスのタイムプラス映像作家 Rob Whitworth 氏によって撮影されたトルコ航空(ターキッシュ・エアラインズ)の映像です。この撮影には、約6週間(そのうちの2週間は天気待ち)、実際の撮影時間に295時間を費やして撮影され、さらに撮影後の作業では3.8テラバイトにも及ぶ7万1000枚のROWデータの編集作業に278時間をかけて製作されています。

撮影の様子はこんな感じです。非常に細かい作業の連続です。
Behind one of the Scenes – Istanbul | Flow Through the City of Tales – YouTube

ちなみにこちらもトルコ航空(ターキッシュ・エアラインズ)製作の映像。日本刀に魅せられた大英博物館の職員のドキュメンタリです。
#DelightfulStories by Turkish Airlines:‬ Paul Martin / Endless Journey‬‬ – YouTube

関連記事

無類の美しさ、19世紀に描かれたコンスタンティノープルのイラストいろいろ - DNA

東西が交わり特別な歴史を今に残すトルコの魅力を伝えるショートフィルム「トルコの望楼(Watchtower of Turkey)」 - DNA

歴史の国トルコの建築家が撮影したモダンでカラフルなイスタンブールの街並み - DNA

悠久の歴史を持つ古都イスタンブールのガラタ橋やモスク、バザールの風景 - DNA

むちゃくちゃに近代化された中国の未来都市・上海の姿を捉えたタイムラプス動画「This is Shanghai」 - DNA

北朝鮮の首都・平壌の日常を超ダイナミックに写しとるタイムラプス動画「Enter Pyongyang」 - DNA

夜の空に異次元の世界が広がる、世界一の花火祭典のタイムラプス動画「Danang International Fireworks Competition 2013 」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧