世界のびっくりニュース

世界で最も乾燥したアタカマ砂漠に大量の雨が降ると想像を超えた絶景が現れる


南米大陸を縦に貫くアンデス山脈の麓2000mの高地に広がるアタカマ砂漠は世界で最も降水量の少ない砂漠。しかし、この不毛の乾いた土地でも条件さえ揃えば驚くほどの生命が一斉に芽吹くことがあります。その時に現れるのは……見たこともない絶景です。

アタカマ砂漠では通常は5年または7年毎に花畑が出現する現象が発生するのですが、過去18年の中で最も凄い景色が現れています。

2015年3月にチリ北部を襲った歴史的豪雨により大洪水や地すべりが発生、数千人の家屋を奪い28人の犠牲者を出す大災害が起きています。この異常な降雨量が砂漠に変化をもたらしたとみられています。

1.

2.

3.

チリ観光庁でデレクターを勤める Daniel Diaz 氏によると「今年のような猛烈な開花は前例がない」とのこと。また「1年間に2度も起こったという事実は国の歴史に記録されていない。我々は本当に驚いている」とも。

また、「霜が降りる氷点下まで気温が下がらなかったこと、そしてエル・ニーニョ現象による降雨が1997年以来最も激しい開花をもたらしたのはないか」とチリ・農業研究所(INIA)の Pedro León Lobos 氏は話します。

4.

5.

6.

7.

8.

現在の200種以上の植物が咲き乱れてた状態は11月まで続き、このありえない花の絨毯を見学に2万人を越える観光客が訪れると予測されています。

ちなみに北極に近い不毛の地でも広大なピンクのお花畑が現れることがあります。そして大はしゃぎしている大型動物も……
ピンクのお花畑ではしゃぎ回るシロクマが妙にセクシーな画像

ソース:El desierto chileno se cubre de flores (Espectaculares fotos)

A flowering Atacama Desert, the other side of Chile’s deadly rainstorms | Science & Technology | Agencia EFE | www.efe.com

関連記事

世界の終わりのような噴煙を上げるチリ・カルブコ火山の噴火の様子を撮影した写真と映像 - DNA

チリ・プジェウエ火山の噴火の影響でアルゼンチンのナウェル・ウアピ湖の澄んだ水が大変なことに - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

アフリカ・ナミブ砂漠の死の雰囲気が漂う恐ろしく危険な海岸「骸骨海岸(スケルトン・コースト)」 - DNA

サハラ砂漠の真ん中で泥から塩を作る奇妙な塩田のある村「ティギダンテッスム」の空撮画像がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧