科学と技術

マツダの夢が凝縮された次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」搭載のコンセプトモデル「RX-VISION」


ロータリーエンジンを搭載したマツダのコンセプトモデル「Mazda RX-VISION(マツダ・アールエックス・ビジョン)」が、第44回東京モーターショーで世界初公開されました。遂にマツダの象徴とも言えるロータリーエンジンの復活の一歩となるコンセプトモデルの登場です。

「RX-VISION」は、生物が見せる一瞬の動きの強さや美しさをテーマにした「魂動デザイン」に基いてデザインされ、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R(スカイアクティブ・アール)」を搭載し後輪駆動方式を採用したマツダの夢が詰まったモデルです。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

「マツダ・RX-8」が2012年6月に生産終了して以来、市場から消えた状態となっていたロータリーエンジン。「RX-VISION」の発表でロータリーエンジンを搭載した市販車の復活が現実に一歩近づいたことは間違いないようです。

またこちらは Mazda Europe の公式YouTubeサイトで公開されている「RX-VISION」の映像です。1967年に世界で初めて実用・量産化されたロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」から今回の「RX-VISION」までが次々と登場しています。
Mazda reveals RX-VISION sports car concept at TMS 2015 – YouTube

この映像で一番初めに登場する約50年前に発売された「マツダ・コスモスポーツ」はこんな感じのスポーツカーでした。

ちなみに30年代から現代までに世界中で発表された自動車のコンセプトモデルはこちらから。
30年代から現代までの超未来思考でデザインされた素敵なコンセプトカー30選

ソース:コンセプトモデル「Mazda RX-VISION」世界初公開!次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」搭載、マツダの夢を表現したモデルです。 | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog

関連記事

マツダ・RX7にマスタングのエンジンを積んであといろいろくっつけたフランケン自動車の動画 - DNA

ゴリゴリの「マツダ・RX-7」がニュージーランドで一番高い道をエクストリームなドリフトで駆け上がっている動画 - DNA

遂にポルシェの電気スポーツカーのコンセプト「Porsche Mission E」が登場 - DNA

独創的なスタイルが魅力的、1960〜1970年代のコンセプトカーいろいろ - DNA

歴史の闇に消えていってしまいそうな自動車・バイクのエンジン10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧