世界のびっくりニュース

ポリマー樹脂のハンドガンのグリップが熱でグニャグニャに曲がるようになってしまう事件が発生


オーストリア製の「グロック」によってポリマー樹脂を使用した拳銃が一気に有名になりましたが、まだまだ「プラスチックの鉄砲なんて……」とブツブツ言っている昔気質の人が多いのもまた事実。そんな人達が「ほら見ろ」と言いたくなりそうな動画が公開されています。

動画を公開しているのは射撃のTV番組「Top Shot(邦題:「射撃王」)」のシーズン3で優勝したダスティン・エラーマン氏。ごく普通に発射できるものの弾倉がうまく抜けないので不思議に思い、調べてみたところベルギー・FN社のFNX Tacticalのポリマー樹脂のグリップ部分がぐにゃぐにゃになっているのに気づいたそうです。

FNX Tactical Crazy Flexible Magwell!!! – YouTube

屋外に1時間ほど放置したらこうなってしまい、その後室内のエアコンで冷やしても元に戻らなかったとのこと。樹脂の銃というのはまだそこまで歴史が長く無い分、時々予想もつかないような壊れ方をするのを目にします。

成形する際のポリマーの配合ミスというのはほぼありえない事故ですが、同じ型で製造した他の銃にもトラブルが起こっているのではないでしょうか……ニセ動画とは思えませんが、続報を待ちたいところです。

関連記事

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

こんなに違う、いろいろな9㎜口径ハンドガンの銃口の跳ね上がりをハイスピード撮影で比較した動画 - DNA

改造したグロック17で9mm弾をこれでもかとバラまく動画 - DNA

まさしく黄金銃、金メッキ+彫刻入りのグロック35がオークションに出品中 - DNA

トリガーを引くとページが送られる銃型プレゼンコントローラー「SLIDE ARM」 - DNA

「ダイ・ハード」と「リーサル・ウェポン」に出演した伝説のベレッタM92Fが博物館へ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧