世界のびっくりニュース

単発銃をフルオートで撃てるテクニック「バンプファイア」が理解できる秒間2000コマのハイスピード撮影動画


アメリカでは法規制によって、弾丸を連射する「フルオート」機構をもつ銃には所持や改造に制限があります。そこで、本当にいろいろな方法で擬似的なフルオートを実現する小物やテクニックが発達しているのですが、最も有名なのがこちらの「バンプアファイア(Bump Fire)」あるいは「スライドファイア(Slide Fire)」と呼ばれるもの。こちらの動画を見ればそのやり方も完璧にマスターできます。

「Bump Fire」あるいは「Slide Fire」と呼ばれるテクニックで重要なのは左手。左手で銃を前に押すと、トリガーが前に押されて指に触れ、発射されます。銃は反動で後ろに動き、トリガーをリセットし、最初の状態に戻ります。

特別な道具を使わなくても、輪ゴム1本や木の棒で同じことができるのですが、特別なアクセサリを使用することでより簡単に。どういう動きをしているかはこちらのハイスピード撮影した動画でご確認ください。
AR-15 with Slide Fire Stock Firing in Slow Motion – YouTube

擬似フルオートを実現するガジェットは「機構」に見えてしまう複雑なものはダメなので、シンプルかつアイディアフルなものがいっぱい。こちらも「レバーが銃を前に押すだけ」で銃が勝手に連続して弾を出すようになっており、アメリカン・ガンナッツ達の執念を垣間見ることができるものとなっています。
セミオートの自動小銃を合法的に据え置き機関銃にできるガンスタンド「Bump Sled」 – DNA

関連記事

アメリカ政府機関、法律の「抜け穴」によって28年ぶりに「フルオート」銃の生産を認可しかけるパニックが発生 - DNA

輪ゴム1本でセミオートライフルを「バンプファイア」しやすくする簡単な方法 - DNA

セミオートの自動小銃を合法的に据え置き機関銃にできるガンスタンド「Bump Sled」 - DNA

「脱法フルオート」パーツ対決、Slide Fire社がBump Fire社を特許侵害で訴える - DNA

ニュージーランドでフルオート射撃ができるエアソフトガンの所持が可能に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧