世界のびっくりニュース

スマートフォンと身の回りにあるものを使って3Dホログラムを映し出す方法を紹介する動画


映像というのはスクリーンに映し出されるもの、つまり平面、という考え方はおそらくこの10年のうちに過去のものになるでしょう。こちらのような方法を使えば、今すぐにでも擬似的な立体映像を楽しむことも可能です。

仕組み自体は非常に簡単、というか擬似3Dの手法としては非常にポピュラーなもの。CDケースを切り抜いたパーツで、このような逆さピラミッド型の投影スクリーンを作ります。

そしてスマートフォンで以下の動画のような映像を流している上に、このパーツを置けば、その中に立体物が浮かび上がって見えます。手前の板だけでなく、奥や側面に写り込んでいるものが立体的な雰囲気を出しているわけですね。

Hologram Technology – HOLHO 4 Faces Pyramid demo – YouTube

型紙用の方眼紙を使えば簡単に試せます。手順の動画はこちらから。
Turn your Smartphone into a 3D Hologram | 4K – YouTube

なお、中の固定物に映像を合成することもできます。こちらの孫悟空はホログラムの力でスーパーサイヤ人化します。メガネなど特別な装備なしで楽しめる立体映像は、これから色々なものが開発されていきそうです。
ドラゴンボールのフィギュアをホログラム映像でスーパーサイヤ人化する3Dディスプレイの動画 – DNA

関連記事

ドラゴンボールのフィギュアをホログラム映像でスーパーサイヤ人化する3Dディスプレイの動画 - DNA

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

周囲の人が気味悪がるのと引き換えに「メガネ無し3D映像」を実現する動画 - DNA

突然目の前に「壁」が現れるトンネル用停止警告システムの動画 - DNA

色々な風景が「書き割り」になって流れていく不思議な動画「Plain Sight」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧