科学と技術

DARPA主催ロボットコンテストで思いっきりコケまくる人間型ロボットたちの動画


世界各国の研究所や大学で開発されている様々なロボットが参加して行われたDARPA(アメリカ国防高等研究計画局)主催のロボットコンテスト「DARPA Robotics Challenge(DRC)」の決勝戦を撮影した映像です。世界最先端の技術の粋を集めた人間型ロボットたちなのですが、晴れ舞台にもかかわらず容赦なく失敗しまくっています。その姿はまるで人……とても痛々しいも感じてしまいます。

「DARPA Robotics Challenge」は、DARPAが米カリフォルニア州・ポモナで開催した災害時に人間をアシストするロボットのコンテストで、ロボットのハードウェア、ソフトウェア、センサー、操作性などの総合力が試れます。

自動車を運転する「自動車タスク」、自動車が降りる「下車タスク」、ドアノブを回してドアを開ける「ドア・タスク」、バルブを回して開ける「バルブ・タスク」、電動ドリルを使って壁に穴を開ける「壁タスク」、日替わりで問題が変わる「サプライズ・タスク」、瓦礫(がれき)の山を越えていく「瓦礫タスク」、最後は階段を登る「階段タスク」の8つのタスクが設置されたコースのクリア時間(1時間以内)を競います。
DARPA Robotics Challenge Finals: Rules and Course – IEEE Spectrum

動画はこちらから。
Robots Falling Down at DARPA Robotics Challenge – YouTube

緊急時における信頼性を問われるロボットたちなのですが……まだまだ研究の余地はたくさん残されていそうです。





関連記事

アメリカ国防総省DARPA、ターゲットに向かって進路を自動変更する50口径弾の開発・試写に成功 - DNA

DARPAが開発した「筋力増強スキンスーツ」をアメリカ陸軍が評価試験開始 - DNA

アメリカ国防総省DARPAが究極の生存性をもつ次世代型戦闘車両のコンセプトを公開 - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

アメリカ国防総省DARPA「水に浮くキャタピラ」で水上を疾走する車両を開発 - DNA

DARPA「キーボードの打ち方のクセ」をパスワードの代わりにするシステムを開発中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧