世界のびっくりニュース

8本足で器用に自分の家を持って海底を闊歩する不思議なタコ


8本足を器用に利用して、外敵から実を守るために使用するココナッツの殻を持ち歩くタコ。足を使って海底をひょいひょいと歩くだけでも不思議な感じなのですが、ヤドカリの貝殻のようにココナッツを宿の代わりにしていることにもびっくりです。

ビンのフタを自分で開けて脱出することも出来ちゃうタコ。相当賢い生物のようです。動画はこちらから。
Poulpe coco en déplacement ;-) – YouTube

疲れてしまったり、危険が迫ってきたらこんな感じにココナッツの家で一休みです。

こちらタコが陸上を歩くカニを海中から捕食している映像です。ちなみにタコは陸上に飛び出ても30分ほどは生存可能である程度自由に行動することが出来ます。
陸上を歩くカニを海中から狩る、衝撃的なタコの捕食シーンを捉えた映像

知性、体の柔軟性、水・陸での行動力……もしタコが大きく進化してきたらと想像すると少し怖い気もします。火星人の典型的なアノ姿も何となく納得です。

関連記事

ビンのフタを自分で開けて脱出するすごいタコの動画 - DNA

吸盤&吸盤でトイレ掃除を楽しくする「タコの足を柄にしたラバーカップ」 - DNA

今すぐ潜りにいきたくなる世界の最高に美しい海がある場所25選 - DNA

海に生きるバジャウ(Bajau)族の少女の「浸水したボートの中の水をあっと言う間に追い出す賢い方法」の動画 - DNA

アフリカ・ナミブ砂漠の死の雰囲気が漂う恐ろしく危険な海岸「骸骨海岸(スケルトン・コースト)」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧