アートとデザイン

人間の可聴域を超える低音を演奏できるコントラバス「オクトベース」で「ジョーズのテーマ」を演奏する動画


人間はだいたい20Hzあたりまでの低音を聞くことができますが、こちらの「オクトベース」はそれを下回るわずか16Hzの超低音を演奏できる楽器。もはや振動として肌で感じるしかない音による「ジョーズ」は超不気味です。

動画はこちらから
The “Jaws” theme on the octobasse – YouTube

このオクトベースは19世紀半ばごろ、フランスの弦楽器職人ジャン・バティスト・ビョームが制作したもの。合計3台作られたうちの2台が現存し、さらに演奏可能な2代のレプリカが存在するそうです。

こちらがいわゆる普通のコントラバス
File:Reitstadel Neumarkt 013.JPG – Wikimedia Commons

こちらがオクトベース。明らかに巨大ですね。

指で弦を抑えるのはムリなので、このようなレバーを使って弦を抑えます。

振動が数えられそうなくらいゆっくり弦が震えているのが見えます。

動画はこちらから。
Up Close With A Curator: Octobasse – YouTube

低い音は楽器の物理的サイズに制限を受けます。19世紀から20世紀にかけてオーケストラ曲が複雑化するにつれ作曲家の「低音への欲求」も高まっていたようでいろいろな低音楽器が作られていました。

ニューヨークの楽譜出版社、カール・フィッシャーの本社にある超巨大チューバ「大カール(Big Carl)」もそのひとつ。誰が何のために作ったのかは謎ですが、2人がかりですさまじい低音を奏でるその姿は圧倒的ですね。
Playing a Titanic Tuba | The New York Times – YouTube

関連記事

「インセプション」のような低音イビキをかきながら寝る犬の動画 - DNA

出力4万ワットの超強力なサブウーファーが空間を歪ませるかのような動画 - DNA

もう「何それ」とは言わせない……ユーフォニアム1本で「ファイナルファンタジー4・ボスのテーマ」の全パートを演奏する動画 - DNA

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

何となく優しい気持ちになれる、中世の楽器のみで現代ロックをカバーしている映像 - DNA

金管楽器プレイヤー必見のウォーターキー型イヤホンジャックアクセサリー「つば抜くやつ」がすごい - DNA

トロンボーンで地平線の彼方からから牛の大群を召喚してしまうすごい動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧