アートとデザイン

約100年に渡る「MGMライオン」ロゴの変遷をまとめた動画


映画が始まる前に映しだされる「ライオンが吠えるロゴ」で有名なメディア企業メトロ・ゴールドウィン・メイヤー。あのロゴがいかにして生まれ、どのようにして撮影されているのか、その約100年に渡る歴史を簡単に知ることができる動画です。

動画はこちらから。
Metro-Goldwyn-Mayer Logo History (1917-2015) HD – YouTube

初期の「吠えてない」版やカートゥーン版など、今では見られない色々なバージョンが見られてなかなかおもしろいですね。「007シリーズ」の白黒バージョンなど、映画によっても微妙にことなるのが面白いところです。

関連記事

演出の変化が面白い、「007」全22作の最初の1分間だけをマッシュアップした動画 - DNA

ユニバーサル映画のロゴが表示されると地球がパニックに。 - DNA

イギリスBBC、ニュースで国連安保理(UNSC)と「HALO」のUNSCのロゴを間違えて放送 - DNA

「映画の中でその映画のタイトルを言うシーン」80連発動画 - DNA

「ゲームのタイトル画面」がいかに映画に近づいて行ったか時代を追ってマッシュアップした動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧