科学と技術

IMAXシアターの映写機の電球を替えるには何人の技術者が必要か?


エスニックジョークとして「電球を替えるのに何人のポーランド人が必要か?」という有名なものがあります。解答については「1人が電球を持って99人が彼の乗ったテーブルを回す」などなかなかひどいものがたくさんありますが、それでは超巨大スクリーンに映像を映し出すIMAX用の映写機の電球を替えるには一体何人の技術者が必要でしょうか?

動画はこちらから。
How many projectionists does it take to change an IMAX bulb? – YouTube

映画の歴史はスクリーン巨大化の歴史。IMAXは70mmフィルムを横に使い、視界に収まらないほど超巨大なスクリーンに精細な画像を映し出すことに成功していますが、その分映写機も超巨大。うっかりキズを入れると爆発する大きなキセノンランプを交換するには、熟練した技術者2人がつきっきりとなります。

関連記事

[字幕動画]映画のスクリーンの縦横比がよく分かる解説動画「The Changing Shape of Cinema」 - DNA

米ホンダ、アメリカ国内の「ドライブイン・シアター」保存キャンペーンを支援 - DNA

映画監督のジェームズ・キャメロンだけど何か質問ある? - DNA

1枚1億2千100万画素の超高解像度画像から作られた地球の北半球のタイムラプス動画 - DNA

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧