科学と技術

線路を移動しながら線路を敷き直す鉄道専用の圧倒的巨大重機「RU 800 S」の映像


「線路を移動しながら線路を敷き直す」と言うと大きな矛盾がありそうなのですが、そんな不思議にも思えてしまう作業を巨大な重機が行っている現場の映像です。ホント、世の中には凄い機械があるものですね。

動画はこちらから。線路のメンテナンスって想像以上に大変なようです。
RU 800 S – YouTube

この映像に登場するのは、オーストリアの線路工事重機メーカ「プラッサー&トイラー(Plasser & Theurer)社」の軌道整正施設機「RU 800 S」。そして、実際にこのマシンを使った作業を行っているのはオーストラリアの建築会社「Swietelsky」。

システム全体で見るととんでもなく長大なこのマシン。製造するのも非常に大変そうですが、自由自在に操縦するのは非常に大変そうです。

またプラッサー&トイラー社製の重機は日本のJRや私鉄でも活躍しているので、運が良ければ線路をメンテナンス中の巨大重機を目撃することもあるかも。

ちなみに、こちらの巨大重機はお隣ドイツの草刈機。何というか、ヨーロッパの巨大な機械って不思議な魅力がありますよね。
用水路の両脇の草を4本のアームで一気に刈り取っていく巨大マシンの映像

関連記事

船や飛行機、家など超巨大なものを運んでいる写真いろいろ - DNA

精密なメカニズムに見惚れる、力強く美しい巨大な機械の写真いろいろ - DNA

「街路樹の植え替え」をする巨大な重機「Red Boss Tree Spade」がかっこいい動画 - DNA

車窓から最高の眺めを満喫できる世界の鉄道8選 - DNA

80年前の「新幹線」、プロペラ推進式の超高速鉄道「シーネンツェッペリン」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧