ネット・PC

テーブルトップにTRPGのダンジョンのマップを投影するシステム「Roll20」


人と人との会話でストーリーを進めていくテーブルトップRPG(TRPG)は1人で遊ぶコンピューターゲームとは違った魅力がありますが、反面すべてが紙とサイコロで管理されるため、煩雑になりがちな部分もあります。「Roll20」はPCを使ってこれらを管理し、また違ったゲームプレイを可能にします。


TRPGのセッションではプレイヤー個人のデータだけでなく、敵のデータやダンジョンの地図、シナリオや設定資料などかなりたくさんの情報を扱います。伝統的にはこれらはすべて紙に書いて管理されるため煩雑になりがちです。

これを解決したのが支援システムの「Roll20」。Kickstarterの出資を受けて作られ、様々な情報を管理できます。

「Roll20」自体のデモ動画はこちら。
Roll20 GM Overview (Updated for Rugged Reroll) – YouTube

1. そしてこれをテーブルトップに投影したのがこちら。

2. ラップトップからApple TVを経由してプロジェクターで投影しています。

3. ダンジョンのマップを全部見せることもできますし……

4. 松明やランプの明かりが届くところだけ見せるという、ダイナミックライティングも可能です。このあたりは紙と違って柔軟ですね。

ソース:Roll20: Web-based online virtual tabletop for all roleplaying games (RPGs)

Tabletop RPG gaming (D&D) with a digital battle mat and physical minis : Games

関連記事

TRPGのダンジョンマップを自動生成してくれるWebサービス「Dave’s Mapper」 - DNA

元祖TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ(Dungeons & Dragons)」最新第5版の基本ルールセットをPDFで無料公開へ - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

実際の駆逐艦を使ったライブ・テーブルトークRPGイベントにドイツ政府が出資 - DNA

突然オークに襲われた時のためのシューティングターゲットが出資募集中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧